時代に乗り遅れるな!ディスプレイ広告の最新基礎知識を解説

時代に乗り遅れるな!ディスプレイ広告の最新基礎知識を解説

「ディスプレイ広告」、ちゃんと理解できていますか?
今回は、ディスプレイ広告の概要・料金体系・種類などの基礎知識を詳しく紹介します。Googleディスプレイネットワーク(GDN)・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)だけでなく、最近さらにユーザーの需要が高まり人気になっているYoutube広告についても紹介するので、ぜひご覧ください。

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、WEBサイトの広告枠に表示される画像形式や動画形式、テキスト形式の広告のことです。 バナーで表示されることが多いため、バナー広告と呼ばれることが多いです。検索広告のように、ユーザーから能動的に行動した上で表示される広告ではなく、ユーザーが受動的に見る広告になっています。

料金形態としては、検索広告と同様に、クリック課金制のものと、インプレッション課金制というものがあります。
インプレッション課金制は、広告が表示された場合に支払うもので、金額の上限を指定し、ブランドの認知度向上を目標にする場合利用すると良いでしょう。ちなみに、インプレッション課金制はGoogleディスプレイネットワーク(GDN)でしか使用できません。
動画広告の課金方式に関しては種類によって異なるので、のちほど説明します。

今度はディスプレイ広告の種類について学んでいきましょう。

ディスプレイ広告の種類

ディスプレイ広告は、主に2つ種類があります。
「Googleディスプレイネットワーク(GDN)」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」です。さらに、GDNで設定できる「Youtube広告」も、今の人気の高まりを受けて詳しく紹介します。では、それぞれの特徴や掲載場所などを確認していきましょう。

Googleディスプレイネットワーク(GDN)

Googleディスプレイネットワーク(GDN)とは、Googleの提携サイトやアプリ上の広告枠に広告を配信できるディスプレイ広告のネットワークです。
掲載場所としては、「YouTube」や「アメブロ」「食べログ」などの一般のポータルサイトや、ブログページの広告枠があげられます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)とは、主にYahoo! JAPAN内のサイトやアプリ上の広告枠に表示されるディスプレイ広告のネットワークのことです。
「Yahooニュース」、「Yahooメール」などYahooサービスのサイトの他に、「毎日新聞」「NAVERまとめ」「クックパッド」などに掲載されます。
ちなみに、NAVERまとめは2020年9月30日にサービス終了するので、YDNのネットワークからはなくなってしまいますので、NAVERまとめ掲載目的でYDNを始める際は注意してください。

YDN動画広告の課金方式は、動画が10秒以上再生された場合に課金されます。10秒未満の動画は、最後まで再生されればそのタイミングで課金されます。

再生方式には2種類あり、「自動再生」と「動画再生」の場合です。

自動再生」は、画面が表示されている領域内で、動画広告の動画領域が50%以上表示された場合、動画の再生を自動で開始します。逆に50%未満だった場合は動画は再生されません。
動画再生」は、動画広告の動画部分をタップした際に表示される動画再生画面のことです。さらに、そこから2つの表示パターンにわかれており、「①動画が全画面表示で再生される場合」と「②動画とリンク先ページの上下二階層で表示される場合」です。②で注意していただきたいのは、画面が表示された時点で広告のクリック発生とカウントされる点です。そのため、視聴時間にかかわらず課金されるので、注意してください。

Youtube広告

YouTube広告とは、YouTube内に掲載できる動画広告のことです。Google広告内で設定し、出稿することが可能になります。
YouTube広告では、動画を30秒以上の視聴するか、30秒に満たない動画の場合は最後まで視聴することで費用が発生します。そのため、高いと思われがちなYoutube広告ですが、実際は10円~数十円でユーザーにアプローチすることができます。

Youtube広告には主に3種類の広告出稿方法があります。「インストリーム広告」「バンパー広告」「ディスカバリー広告」です。

インストリーム広告:YouTubeの動画を再生すると、目的の動画を見る前に自動的に再生される
バンパー広告:目的の動画を見る前に自動的に再生されるが、インストリーム広告と違って6秒間は広告をスキップできない
ディスカバリー広告:YouTubeのタイムラインや関連動画、YouTubeの検索結果に表示される

インストリーム広告やバンパー広告は、ほぼ確実にユーザーに見てもらうことができるので、ブランド・商品の認知拡大に向いています。ディスカバリー広告は、ユーザーから能動的にクリックしてもらうものなので、購買促進に向いています。
使用例としては、バンパー広告で商品を知ってもらい、インストリーム広告で商品理解をしてもらい、そしてディスカバリー広告でアクションを起こさせるなどが一番いいのではないでしょうか。

ディスプレイ広告のターゲティング設定

ディスプレイ広告の配信方式はとても特殊で、様々なターゲティング設定を設けることができます。下の画像はターゲティング設定できる8つの項目です。性別・年齢以外は画像だけではわからないと思うので、解説します。

キーワード:設定したキーワードに関連するサイトや過去の検索履歴をもとに広告を表示させることができる
インタレスト:ユーザーの興味関心にあわせて広告を表示させることができる
リターゲティング:自社サイトに訪れたことがあるユーザーに広告を表示させることができる
トピック:あらかじめ媒体側でカテゴリ分けされた配信面を選択し、広告を配信することができる
プレースメント:指定したサイトや特定の広告枠に広告を配信できる
子どもの有無:家族構成を指定して広告を表示させることができる(GDNのみ)

これだけ事細かに設定できるので、検索広告とは違う受動的なユーザーでも、効果的に広告配信することが可能です。

最新の基礎知識を身につけてディスプレイ広告を活用しよう!

いかがだったでしょうか。
今回の記事を読んで最新の基礎知識を理解することで、まだディスプレイ広告を使ってない人は使用するきっかけに。使っている人は運用面の改善になれば幸いです。
特に、YDNからNAVERまとめがなくなるのはとても大きな影響を及ぼすと思うので、YDNを利用している方は運用を見直すきっかけになればと思います。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

Web広告カテゴリの最新記事