strongタグの今昔!使うことでSEOに効果はあるのか?

strongタグの今昔!使うことでSEOに効果はあるのか?

今回の記事はざっくり

昔はタグは
重要なキーワードを検索エンジンに送るために使っていたためSEO効果があった。

しかし今は
検索エンジンが自動で重要なキーワードを判断するためSEO効果はなくなった。

strongタグはhタグでは使用しない

についてまとめています。

詳細が気になる人は、以下の記事を読んでください。

strongタグとは?

テキストの重要性を示すことができるタグです。

strongタグを設置すると、

テキストを太文字にする + テキストを強調する

という効果があります。

bタグとの違いは?

strongと似たタグでbタグがありますが、
違いは

テキストを強調する

の意味があるかどうかです。

昔は、このタグの使い分けが必要でしたが、
今ではstrongタグもbタグもほぼ同義になっています。

strongタグはSEO効果があるか?

結論、今はSEO効果はほぼないです。

昔はSEO効果があった

大昔は、検索エンジンが自動的に記事の中の重要なキーワードを認識することができなかったため
ライティングする側が強調したいキーワードにstrongタグをつけることで対応していました。

そのため、正しくstrongタグが設定されているとSEO効果があったんですね。

今はほとんどSEO効果がない!?

現在は検索エンジンの進化によって、strongタグで強調せずとも
検索エンジンが自動的に重要なキーワードを判断することができるようになりました。

これについてはGoogleのマット・カッツさんも、
「Googleではstrongタグもbタグも同じように扱います」というようなことを言われています。

よってあえてstrongタグを使わなくても、良くなったわけです。

strongタグは使用しないほうが良いのか?

SEO効果がないならstrongタグは使用しないほうが良いのか?と思われる方もいると思いますが、
使用はしても問題ないです。

strongタグは昔と違い「強調」の意味がほぼなくなっただけなので、「テキストを太文字にする」ということに使用できます。

ワードプレスなどで、文字を太文字にするときはstrongタグが使用されていますしね!

ただ、全く「強調」の意味合いがなくなったというわけではないので、以下のポイントに注意して利用しましょう。

hタグには使用しない

hタグは見出しタグで、テキストを強調させる意味合いがあります。そこにstrongタグを使用すると強調の強調になってしまうので、検索エンジンに過剰な強調表現と判断されてSEO評価が下がる可能性があります。

多様しないこと

理由は先ほどと同様、strongタグを無用に多様すると、どこが重要な要素なのかを検索エンジンやユーザーが判断できなくなるためSEO評価が下がる可能性があります。

strongタグは適切に使うのが大切!

hタグに使用しない、多様しないというところに気をつければ、

strongタグ=bタグ なので、

ユーザーに対して強調したいときにタグを使用するのが良いですね。

適切に使うことで、質の高いコンテンツを作成していきましょう!

筆者の感想

技術の進歩によってタグの意味も変わってくるというのは
面白いですよね!

日々新しい情報に注意して、楽しくSEO対策をしていきましょう!

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO知識カテゴリの最新記事