形態素解析とSEO対策

形態素解析とSEO対策

この記事では形態素解析についての説明から、形態素解析とSEO対策の関係性について、紹介していきます。形態素解析を分析して、SEOに活用する方法も紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

形態素解析とは?

形態素解析ってなに?

形態素解析とは、文法や辞書を元に、文章を分解し、品詞ごとに区分する、解析方法です。分解し、 分ける事です。
自然語源処理のひとつになります。

検索エンジンは、サイトに書かれている文章の情報を自動で読み込み、どのような内容の文章が書かれているのか、どんなキーワードと関連性があるのか認識する為に、形態素解析を利用しています。
SEO対策をする上の知識での必須事項ではありませんが、どのように解析されているのかを知っておくと、検索エンジンについて、より理解を深めることが出来ます。

形態素解析を分析して、SEOに活用しよう!

実際に形態素解析を分析してみよう

例えば、
「新宿の△△△総合法務事務所は新宿区にあります。」
という文章を形態素解析すると、
「新宿」
「事務所」
「新宿区」
「東京都」
「法務」
「総合」
という名詞が形態素になります。

次に
「新宿区の△△△総合法務事務所」
という文章を形態素解析してみます。
この場合の形態素は「新宿」ではなく「新宿区」になります。
つまり、「新宿」というキーワードが含まれてないことになります。

この文章が、ウェブサイトのタイトルだった場合も同じです。なのでタイトルを作るときは、気にかけて作ることをおすすめします。

形態素解析を用いた、タイトルの作り方

上記の内容で、形態素解析がどのように分解されるのか、イメージできましたか?
それでは、そのイメージを踏まえて、タ イトルを作るときのポイントを紹介します。

SEO対策では、タイトルにキーワードを含めることが必須事項です。
「新宿 行政書士」というキーワードで上位表示させるなら、「新宿区の△△△総合法務事務所」というタイトルは良くないです。
「新宿区」ではなく「新宿」というキーワードを入れることが必要になります。

まとめ

検索エンジンが今後進化していけば、文章が細かく区切られることは考えなくても良いのですが、現在は検索エンジンが、どのように言葉を処理しているのか理解しておくことをおすすめします。SEO対策にもつながるのではないでしょうか?

タイトルを例に挙げて説明しましたが、その他にもdescriptionや本文、見出しでも同様に形態素解析の知識を活かすことが出来ます。活用できる場は広いので、積極的に活用していきましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO知識カテゴリの最新記事