無知は罪!pタグを改行のために使っていませんか?

無知は罪!pタグを改行のために使っていませんか?

pタグの意味は?

「段落」を意味するタグ(パラグラフ/paragraph)のこと。<p>で囲うことで、その文章を段落にすることができます。

(例)
Pタグは段落を意味するタグです

Pタグは主に、文章を読みやすくするために使われます。

NGなPタグの使い方

Pタグで囲めば文章として表示されるので、簡単でラクがイメージがあると思いますが、Pタグにも正しい使用方法があります。

空の<p>タグを使う

空のPタグとは、下記のようなものです。

<P></P>
<p>&nbsp;</p>

この<p>タグの中を空にしてしまうと、扱いは「段落」なので文章が1段落ちて、実質「改行」が行われます。ぱっと見では問題なく改行されていますが、これは間違った使い方です。

前提として、先程も言ったように<p></p>の中身は「段落」扱いされるため、<p>タグの中に設置すべきなのは「文章」だということは当たり前です。空の<p>タグを使うというのは、本1ページあたりに記載されている文章が少なく、スカスカな状態と思ってください。

絶対にダメ!というわけではないですが、スカスカの本は読みづらいし好印象ではないですよね。Googleも同様です。文章がスカスカのページは質のいいページだとは判断しないでしょう。SEOで効果を上げていきたいなら、間違った使い方は避けましょう。

また、WordPressを使ったサイトなどでは、自動的にこういった空のPタグが設置される可能性があります。サイトにソースを確認し、問題ないかのチェックをしてみましょう。

Pタグを使って段落をわかりやすくしよう

いかがでしたでしょうか。簡単に使える<p>タグですが、もしかすると間違った使い方をしているかもしれません。<p>タグを使用してマークアップをし、見やすく・認識しやすいコンテンツにしていきましょう!

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO知識カテゴリの最新記事