WEBサイトのお引越し「301リダイレクト」は必須設定

WEBサイトのお引越し「301リダイレクト」は必須設定

301リダイレクトとは

301リダイレクト(Permanent Redirect)には、『恒久的に転送する』という意味があります。

使用するタイミングは、
・サイトを移転した
・ドメインを新しくした
・PCページとは別にスマホページがある

などです。主に、WEBサイトを引越した際によく使われます。

古いURLをもう使用することがない!という時に使うのが301リダイレクトです。

301リダイレクトのSEO評価

リダイレクト設定をしておくと、新しいページに古いページのSEO評価を受け継ぐ事ができます。

逆に、リダイレクト設定を行わないとページランクが喪失されてしまいます。ページランクが喪失してしまうと、新しく作成したページのSEO評価は0からのスタートとなります。せっかく対策下内容も全部なかったことになってしまうので、必ずWEBサイトを移行する前に準備をしておきましょう。

302リダイレクトとの違い

リダイレクトには、301と302の2種類あります。301リダイレクトと302リダイレクトの大きな違いは、URL転送が「恒久的」か「一時的」かです。

わかりやすく伝えると、

301リダイレクトは「引っ越しをするからこの家からはいなくなります。新しい住所はここです」と伝えること。

302リダイレクトは「仮住まいをするので、しばらくは新しい住所で暮らします」と伝えること。

なお、WEBサイトを移行したときに、移行元の古いURLが移転先に引き継がれるというのは301でも302でも同じです。

※以前は、301リダイレクトと302リダイレクトのSEO評価の受け渡しに差があり、302リダイレクトは、転送前のページを評価するため、一時的なページはSEO評価の対象とならず、ページランクが引き継がないと言われていました。

しかし、2016年にGoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏がTwitterで「30x redirects don’t lose PageRank anymore.(30xのリダイレクトがPageRankを失うことはもうない)」と発言。

今では、301・302リダイレクトともにページランクは引き継がれるようになっています。

参考
概要: URL の変更を伴うサイト移転 – Search Console ヘルプより

ただ、まったく同じというわけではありません。

302リダイレクトは一時的な転送に使うものなので、検索エンジンがURLの移行を認識するまでの時間は、302より301リダイレクトの方が速いと言われています。302リダイレクトは、前のURLがインデックスされるためです。

移行先のURLをインデックスさせたい場合は、301リダイレクトを設定することをおすすめします!

WEBサイトを引っ越したとき301リダイレクトは必須

いかがでしょうか。

301も302も同じじゃないの?と思われがちなリダイレクト設定ですが、それぞれの意味は異なります。WEBサイトを移行する際は、必ず適切な設定をしましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

内部対策カテゴリの最新記事