ページランクはなくなった?2019年のSEOにおける位置づけとは?

ページランクはなくなった?2019年のSEOにおける位置づけとは?

 

「ページランク」とはGoogleが行っているウェブサイトに対する評価方法のことです。現在では非公開となっていますが、SEO効果における重要性は変わっていません。

そこで、ページランクの概要や確認するための代替法、SEOに対する有効性などについて解説します。SEO対策の一環としてぜひ参考にしてください。

ページランクとは?

「ページランク」とは、Googleによるウェブサイトへの評価方法のことです。
ランクは0~10までに分けられており、順位の高いウェブサイトほどGoogleからの評価が高いことを示します。基準は被リンクやウェブサイトの質です。

ページランクはもう公表されてない?代わりは?

現在ではページランクは公表されていないと言われています。その真偽から解説いたします。

ページランクが公開されていないのは本当か?

Googleによるページランクは現在公開されていません。2016年3月8日、「Search Engine Land」には次のような記事が掲載されました。

It’s official: Google has decided to kill off Toolbar PageRank from its browser.
(訳:公式:Googleはツールバーからページランクを削除することを決定した)

出典:Search Engine Land:Google has confirmed it is removing Toolbar PageRank

さらに「TheSEMPost」も「Google Removing PageRank From Google Toolbar(訳:Google、Googleツールバーからページランクを削除)」という記事を掲載。2016ね念3月9日、対象記事に関するツイートに対して、Googleの上級マネージャーであるジョン・ミューラー氏は次のようにリプライを投稿したことからも、公開されていないことは確かでしょう。

Yes, it’s true. http://thesempost.com/google-removing-pagerank-from-toolbar/ has some comments from us.
(訳:はい、本当です。http://thesempost.com/google-removing-pagerank-from-toolbar/に私達からのコメントがあります。)
引用元:Twitter

ページランクを確認する代替法について

現在Googleのページランクを正確に確認する方法はありません。ただし、目安となる数値を知ることはできます。「Moz」「Ahrefs」などのツールを利用すれば、ウェブサイトの強さは確認可能です。

0~10で判断される正確な順位を知ることはできませんが、ドメインやウェブサイトの強さ、指標となる数値を確認することで、おおよその評価を予想できます。

ドメインオーソリティとの違いは?

ページランクとドメインオーソリティの違いについて解説いたします。
ウェブサイトの評価基準として似た要素も持っていますが、評価の基準が異なるので特徴を把握しておきましょう。

ドメインオーソリティとは?

「ドメインオーソリティ」とは、ウェブサイトの信頼度のことです。Mozによって開発された指標のことで、評価方法は1~100までの数値によるもの。数値が大きいほど信頼度が高いことを示し、キーワードが検索されたときに上位に表示されやすくなります。

ドメインオーソリティとページランクの違い

ドメインオーソリティとページランクでは、評価する対象と評価者が違っています。ページランクは各URLにおいて表示されるウェブページに対する評価ですが、ドメインオーソリティはドメインに対する評価です。また、ドメインオーソリティは「Moz」という会社が、ページランクは「Google」が使っている指標です。

ドメインオーソリティについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ページランクはどうとらえるべき?

確認することができない指標を、ウェブサイトの管理者はどのようにとらえるべきなのでしょうか?今後のとらえかたについて考えてみましょう。

無意味になったわけではない

ページランクは現在公開されていないため、検索順位変動を調べる指標として利用することはできません。ですが、Googleの内部ではまだページランクのアルゴリズムが利用されており、検索順位の決定に寄与していると考えられます。

先にお話したSearch Engine Landの記事にも、次のように掲載されました。

Google explained that the company still uses PageRank data internally within the ranking algorithm, but the external PageRank values shown in the Toolbar are going away completely.
(訳:Googleはランキングアルゴリズム内で内部的にPageRankのデータをまだ使用しているが、外部的にはツールバーから完全になくすと説明した。)

出典:Search Engine Land:Google has confirmed it is removing Toolbar PageRank

記事が公開された2016年3月時点では、Googleは「まだデータを使用している」としています。そのため、2019年現時点でも検索順位決定に影響を及ぼしている可能性は高いでしょう。

検索順位決定要素として重要である可能性も

Googleはランキングを決定する際に重要な要素として、3番目に「RankBrain」を挙げています。RankBrainはPageRank同様、ハミングバードという検索アルゴリズムの一部です。RankBrainが重要な要素だと公言されている以上、PageRankも同様に重要とされている可能性があります。

ちなみに評価項目の中で1番目と2番目に重要視されているは、「コンテンツ」と「リンク」です。コンテンツとリンクは、ページランクを高めるために重要だとされていました。1~3番目の要素を考慮すると、やはり検索順位決定要素として重要な存在だと考えられるでしょう。

ページランクはSEOにとって絶対ではない

ページランクは非公開で確認することができず、Googleの検索順位決定には他の要素も絡んでいます。そのため、SEOにとって絶対的な存在ではありません。重要な要素だと認識して施策を行うことは必要ですが、過度に気にしないようにしましょう。

SEO評価におけるページランクの重要性は?

SEOにおいての重要性について見ていきましょう。

SEOとページランクの関係について

上述いたしましたが、SEOにおいてページランクは絶対的な存在ではありませんが、SEOとの関係性があるとGoogleによって公式に発言されたこともありました。検索順位決定のためのアルゴリズムとしては未だ内部で利用されていることからも、SEOに対して影響力がある位置づけであることは間違いありません。

SEOへのページランク活用は不可

SEO効果を高めるためには、Googleアルゴリズムを知りたいと思う方も多いでしょう。ですが、Googleアルゴリズムは非公開となっています。つまりSEO対策で、ページランクに対して「絶対的に効果がある」と言える施策を施すことはできません。

Googleアルゴリズムは変更されることも多く、変更されるたびに効果的だと考えられる対策を柔軟に行っていく必要があります。

ページランクとSEO効果を高めるには

ページランクを向上させるための方法は、ユーザビリティの高い設計を考え、質の高いコンテンツを完成させることです。ユーザーから満足される内容の濃いウェブサイトを作ることで被リンクも増え、Googleからの評価を上げることにつながり、高いSEO効果が期待されます。

ページランクの基準は、一般的に「有益で価値の高いウェブサイト」だと感じられる条件と一致しています。質の高いウェブサイトを目指すことで、自然と評価も上がっていくと考えられます。

SEOにおいてはGoogleガイドラインを遵守しよう

被リンクの数はGoogleの評価を高めますが、被リンクの数が多いほど良いというわけではありません。Googleガイドラインでは違反にあたるリンク操作を定めていて、該当すれば一気にGoogleからの評価とページランクが下がってしまう可能性があるからです。

Googleガイドラインで違反とされるリンク操作は、次を参考にしてください。

・リンクの売買を行うこと
・リンク交換や相互リンクのみを目的としたパートナーページを作成すること
・キーワードを大量に含むリンクを作成すること
・自動のプログラム・サービスを利用した被リンクの作成すること
・第三者に対して規約や契約として被リンクを義務付けること

リンクについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

ページランクはSEOに一定の効果が期待できる

ページランクは2019年現在では非公開とされていますが、Google内のアルゴリズムとして健在で、SEOにおいて一定の効果が期待できると思われます。ただし順位は公開されていませんし、Googleアルゴリズムも非公開となっているので、確認することはできません。

SEOの効果を高めるためには、ユーザーにとって有益で、満足度の高いコンテンツを作ることがポイントです。Googleガイドラインを守りながら、質の高いコンテンツを作り上げてください。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

Googleアルゴリズムカテゴリの最新記事