URLの正規化を行ってgoogleから適正な評価を受けよう

URLの正規化を行ってgoogleから適正な評価を受けよう

みなさんはURL正規化についてどのくらい知っていますか?

せっかくサイトを作っても検索順位がつかない、もしくは検索順位が異常に低いといった経験があるのではないでしょうか?

それはURL正規化がしっかりとされていないことでgoogleから正当な評価を受けられていないかもしれません。

そうならないようにURL正規化をきちんと行って、正当な評価を受けられるようにしましょう。

URL正規化について

URL正規化とは?

URL正規化とはwwwのあり・なしや、index.htmlのあり・なしなど、アクセス可能なURLを一つのURLにまとめ、評価を統一することを指します。

URL正規化していないとどうなるの?

ここではURL正規化をしていないことで生じるデメリットを二つご紹介します。

1. 本来一つのページが受けるべき評価が、二つ以上のページに分散される。

仮にURL正規化をしていないとクローラーが「複数のページで同じコンテンツが書かれているもの」と判断し、本来一つのページが受けるべき評価が、二つ以上のページに分散してしまい、検索順位がつかない可能性があります。

2. サイト全体の評価が下がる可能性がある

サイト内に重複するコンテンツがあると認識された場合、コピーコンテンツとみなされ、サイト全体の評価が下がる恐れがあります。

URL正規化の方法

上記のようなマイナス評価を受けないようにするためにここではURL正規化の方法を二つご紹介致します。

1. 301リダイレクト設定を行う

301リダイレクトとは、ページを永久転送する処理を指します。

この301リダイレクト設定を行うことで、二つ存在する不必要なページから必要なページへ転送させることができます。これにより、googleにインデックスされるページを一つにすることができます。

2. canonicalタグを設定する

Canonicalタグは、ページ内容が似ている又は重複しているURLが複数存在する場合に、検索エンジンからのページ評価が分散されないように、正規のURLがどれなのか検索エンジンに示すために用いる記述です。

例)http://example.jp

http://www.example.jp

上記のようなサイトがあった場合、wwwありからなしに正規化する方法

http://www.exampe.jpサイト内の<head>タグ内に下記の記述を追加する。

<link rel=”canonical” href=”http:example.com”>

※検索エンジンにできるだけ早く読み込まれるように<head>タグ内の上部に

配置するのが望ましい。

また、canonicalを設定したい方は、下記の記事でさらに詳しく紹介しているので、

是非参考にしてみてください。

【URL正規化で損をしないように!!】

いかがだったでしょうか?

URL正規化を行っていないとせっかく作ったサイトが正当な評価を受けず、検索順位が上がらない、もしくはペナルティを受けてしまい、検索順位がつかないといったことにもなりかねません。

きちんとURL正規化を行い、googleから正当な評価を受けて上位表示を目指しましょう!

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO関連知識カテゴリの最新記事