いまさら聞けない、SEO対策におけるtitleの書き方

いまさら聞けない、SEO対策におけるtitleの書き方

SEO対策を行う上で「titleタグ(タイトルタグ)」が大事なのは、SEO対策を行っている方なら当たり前のこととして認知されていますが、ただ書いているだけでは意味がありません。では、どう書けばクローラーやユーザーに効果的なのか。今回はその方法を紹介したいと思います。

title について

titleタグとは、HTMLファイルのheadタグ内に記述する、ページタイトルを示すタグです。とても初歩的なことですが、headタグ内に記述することが基本です。

設置することによって、赤枠部分に同じ文面が表示できるようになります。


本に例えるならば、作品名にあたります。作品名で見る・見ないを決める人も多いので、ユーザーにサイトに訪れてもらうために、いかに重要かがわかりますね。

それでは、基礎編・NG編・応用編の三つのくくりから、いかにユーザー・クローラーに評価されるtitleタグをつくるのかを見ていきましょう。基礎は大丈夫という方は応用から見て頂いても構いませんが、基礎でも案外やってなかったこと・再確認することもあると思うので、ぜひ全編を見ることをおすすめします。

基礎編

titleタグを作る上で、絶対に押さえておきたいことを紹介します。

SEO対策しているキーワードを入れる

なぜ、対策キーワードを入れる必要があるか。それは、ユーザーが検索したキーワードとそのページに関連性があると認識できるからです。

対策キーワードに含まれる検索ニーズに答えられるコンテンツをつくることはWebページの基本ですが、titleにも対策キーワード入れることで、より一貫性が増します
※これはコンテンツが対策キーワードに沿って作られている場合のみ効果があります。

対策キーワードとページに関連性があるにも関わらず、titleだけちょっとズレている場合は、ユーザーとGoogleアルゴリズムが関連性を認識しにくくもったいないので、早急にtitleを再考しましょう。

文字数は32文字以内

私たちが推奨している文字は、32文字以内です。
長すぎると文末が省略されてしまい、文章の途中で途切れることによってユーザビリティが削がれてしまうからです。パソコンやスマホで見る場合でも異なるので、どの画面サイズにでも対応できる推奨文字数を心がけましょう。

簡潔かつ具体化に

簡潔かつ具体化に」と、ビジネスマンなら一度は指摘を受けたことがあると思います。

Titleタグにもこの指摘は当てはまります。自分のサイトはいったいどんなサイトなのか。何が知れるのか。ユーザーが求めている情報があるのか。短い文章で、わかりやすく伝えなければなりません。

NG編

ここからは、titleを書く上で絶対にやるべきではないことを紹介します。
自社サイトのtitleがNGなことをしていないか、ぜひここでしっかり確認してください。

キーワードの詰め込み

キーワードの詰め込みがNGなのは、ペナルティを受ける可能性があるからです。

例えば、「美容歯科 新宿」を対策キーワードに置いて、「新宿の美容歯科・矯正歯科なら実績ある歯科医院【〇〇歯科医院】」というtitleを作ったとします。このtitleの中には「歯科」というキーワードが4つも使われており、これがペナルティを受ける原因になるのです。
さらに、「歯科」を4つ使うことで「美容歯科」より「歯科」にクローラーが注目することによって、対策キーワードでの上位化をさらに難しくさせてしまうのです。

ペナルティを受けると上位化することができなくなるので、titleだけでなくページ全体で過剰なキーワードの詰め込みはやめましょう。

すべてのページで同じtitle

ページを分けるのは、そのページごとに別々のことを書くからです。それなのに、titleが同じではそのページをわかりやすくユーザーに伝えているとは言えません。逆に、titleの一部(会社名など)が一緒などは、むしろ同じ会社のサイトだとユーザーにわかりやすくなるのでオススメです。

それぞれのページに適したtitleを書くことで、トップページ以外のページが上位表示されて、結果流入数が増えるということもあるので、各ページの見出しとなる独自性を持ったtitleをつけるよう気をつけましょう。

対策キーワードを後ろにおく

基礎編の推奨文字数のところでも触れた内容ですが、場合によってはtitleは途中で途切れることがあります。その際、対策キーワードが表示されない状態になってしまうと、ユーザーはそのサイトに欲しい情報はないと勘違いしてしまうでしょう。
そのため、対策キーワードを後ろにおくのはNGです。できるだけ文頭におき、どんな場合でも表示できるようにtitleを変えましょう。

関係ないキーワードが入っている

Titleタグで「SEO」と書いておきながら、実際サイトを訪れると「SEO」という言葉が一つも使われていない。それは、titleとページのマッチ度が低いということです。

titleとページの中身が違うと、ユーザビリティを下げることとなり、検索アルゴリズムからは低評価を受けます。この言葉が人気だからと安易にtitleを変更するのではなく、ページとのマッチ度を重視してtitleを書きましょう。

応用編

応用編では主にユーザビリティに重きを置いて、「この書き方を取り入れることで、さらにtitleが良くなるよ!」ということを紹介します。

同時に検索されるキーワードもできる限り入れる

自分のサイトが上位に出てほしい検索キーワードをtitleに入れるのはもちろんですが、共起語(そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語)がtitleタグに入っていることもとても重要です。なぜかというと、ユーザーが「知りたいことが確実にあるかも!」と感じてくれるからです。

例えば、「水筒 500ml」と検索した人がいたとします。この場合、「500ml」が共起語になります。「水筒」という文字がtitleの中にあったとしても、「500ml」の文字がtitleの中になければ、ユーザーは「本当に私の欲しいサイズがあるのだろうか」と疑ってしまいます。
逆に、「500ml」の文字があった場合、確実にユーザーはサイトに訪れて、商品を見てくれるでしょう。

ライバルサイトを比較

あなたのSEO対策したいキーワードを検索した時に出てくるのが、あなたのライバルサイトです。
上位表示されているライバルサイトから学べることはたくさんありますが、一番手っ取り早いのがtitleです。
どういったキーワードをメインキーワード以外に含めているのか、どういった文言がユーザーに刺さるのかなど、多くのことをライバルサイトのtitleから学べるので、ぜひ参考にしたいライバルサイトを見つけてください。

数字を含ませる

よく、「抽象的に言うのでなく、具体的に言った方が相手に凄さが伝わる」と聞きますが、titleの作り方も同じです。「具体的」にする手として、最も簡単で字数を取らないのが数字を活用することです。「コンバージョンを2倍にする方法」や「○○まとめ5選」など、どんな内容かをユーザーにイメージしてもらいやすくなります。

SEOの事例ではありませんが、弊社で運用しているリスティング広告でも、広告文に数字を入れるだけでクリック率が2%ほど上がったことがあるので、数字を入れない手はないです。

地域名を入れて関心を引く

例えば、都内で何かを依頼しようとしているユーザーがいるとします。その際、「全国どこでも承ります」と「東京都内ならお任せください」だと、どちらが専門的で信頼できるでしょうか?確かに「全国」だと安心感もあり、実績も多そうだなと感じるかも知れません。ですが、「東京都内」をつけると、「会社が都内に近そうだから仕事が早そう」や、「同じ地域だから同じ事例を扱ったことがあるかも」など、専門的で信頼できるのは地域名を限定してつけている方だと思います。

さらに、titleに地域名をつけることで、その地域名が一緒に検索された時、より上位に表示されやすくなります。なぜなら、その地域名を検索したユーザーにとっては、現在上位表示されているサイトよりユーザビリティに優れているとGoogleアルゴリズムに認識されるからです。
どうしても勝てないライバルサイトがあるなら、地域性で優位に立つことも一つの手だと思います。

感情に訴えかける

ユーザーの感情にそった文言にすることも重要な要素になります。
検索するということは、何かに悩んだり、欲しい情報を得たい場合が多いです。そんな時、感情が入った文章はよりユーザーに届きやすくなるからです。

例えば、「痩せたい」と思っているユーザーに対してtitleを書くなら、「痩せてあいつを見返したい、その想いお手伝いします」と言ったように感情を入れると、なお良くなるでしょう。
「SEO」で検索したユーザーには、「あなたのSEO知識、もう古いかも。我が社で運用するなら安心です」など、SEO対策に関して不安に思っているユーザーが思っていそうなことをtitleに入れれば、解決してくれるかもとクリックされやすくなるのです。

流行やサイト変更関連のテキストを含める

世の中のトレンドは常に変化し続けています。それに伴って、自社サイトも変化し続けているものですよね。
自社サイトの変更といえば、ショッピングサイトが例としてとても分かりやすいと思います。なぜなら、セールがあるからです。トップページに”セール”と大々的に宣伝するなら、titleでも”セール”と宣伝しましょう。既存のユーザーにはセールだと分かりやすくなり、セールと検索していたユーザーは新規顧客として得られる可能性があります。

専門性の高いキーワードを含める

地域のところで話したことと若干被ってしまうところもあるのですが、専門性をうたうtitleを作ることは大切です。ニッチであればあるほど、ライバルは少なくなります。=あなたのサイトが上位化される確率が高くなるということです。

某有名企業が、誰も検索しないだろうというキーワードをCMで大々的に宣伝していました。なぜなら、自社サイトが確実に上位表示されるキーワードをユーザーに検索させるためにです。ニッチなキーワードでも、認知させることができれば、対策しているライバルが少ないので簡単に上位に食い込むことが出来るのです。

「それはCMが打てるくらい潤沢な資金があるから成り立つのだ」と思う方もいるかも知れませんが、ボリュームが低い分、コンバージョンにつながりやすいのが専門性のあるキーワードの特徴です。
そのため、ある程度の検索ボリュームが見込まれるキーワードを取り入れることも大切ですが、専門性のあるキーワードを含めることで、titleだけでコンバージョン率の向上も見込まれるのです。

それぞれの長所と短所を理解し、titleを書こう!

基礎編・NG編・応用編はいかがだったでしょうか。今あげたことをたったの32文字以内に入れることは中々難しいことです。また、どの書き方も一長一短であり、あなたのサイトのコンテンツに対して、あまり効果的ではないものもあったと思います。それぞれの長所と短所をしっかりと見極め、titleの書き方の参考にしてください。
そして、ぜひSEO対策でユーザー・クローラーに効果的に働くtitleを書いてくださいね。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO関連知識カテゴリの最新記事