SEO対策とリスティング広告の違いを知ってWeb集客を成功させよう!

SEO対策とリスティング広告の違いを知ってWeb集客を成功させよう!

Webサイトへの訪問数を増やすにあたって、検索結果からの流入数を増やすことは欠かせません。検索エンジンでの宣伝手段としては、「リスティング広告」と「SEO対策」があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

検索順位を上げる「SEO対策」と、検索結果の上部に出稿する「リスティング広告」。これらはともにGoogle ・Yahoo!といった検索エンジンを媒体としてユーザーをWebサイトに誘導するための手段として共通しているため、一緒に説明されることが多くあります。
しかし、「SEO対策とリスティング広告をどう使い分ければいいのだろう」といった疑問を持つ方は多いと思います。

今回はSEOとリスティング広告のそれぞれの定義から使い分け、違いについて比較表を交えて簡単に解説します。

SEO対策とは

SEOとはサーチエンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、Googleなどの検索結果画面の上位に表示させるための施策のことです。サイトを上位に表示させることで、自社サイトへのアクセスが増加し、自社の認知を拡大させることができます。

検索エンジンで上位に表示されるためには、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを作成し、サイトをユーザーにとって利用しやすいものに改善して提供することが基本となります。 SEO対策を適切に行えば、自然検索で上位表示させることができるので、そこから自社のWebサイトへ検索ユーザーを流入させて、Webの集客を増やすことができます。

しかし、SEO対策を行うには、サイト構造の見直しやコンテンツの充実、ページの最適化といった専門的な取り組みが必要になります。反対に、自分でSEOの知識つければ、SEO専門業者に依頼せずに対策することができるので、無料でWeb集客することもできます。

メリット

  • お金がかからない
  • 能動的に検索したユーザーなので、良質なユーザーを集客できる
  • クリック率が高い

デメリット

  • すぐに上位表示されない
  • どれだけ時間とお金をかけても上位表示できるという保証がない
  • コンテンツをつくらなければならない

リスティング広告とは

リスティング広告とは、サーチエンジン上の有料広告で、課金することでGoogle ・Yahoo!といった検索エンジンの検索結果の上部に掲載できる仕組みを持っています。Google広告やYahooプロモーション広告が提供するリスティングサービスに入金することで、出稿できるようになります。

基本的に1クリック○○円というような課金体系になっており、特定の検索語句に対して広告を表示させることができるため、Web広告の中で最も費用対効果の高い広告のひとつとなっています。しかし、クリック単価は競合同士での検索語句の入札によって決まるため、競合が多いキーワードは高くなる傾向があります。

リスティング広告を出稿すればすぐにサイトへ検索ユーザーを流入させることができるので、短期間で確実にWeb集客につなげることができます。また、リスティング広告を最適化することで費用対効果を高めることも可能です。

メリット

  • 即効性が高い
  • 必ず上位掲載できる
  • 広告の最適化が行える

デメリット

  • 広告を停止すると集客がゼロになるため、広告依存が起こりやすい
  • 外部要因から影響を受けやすい
  • 年々広告費がかさむ傾向にある

比較表で視覚的に違いや良さを知る

SEO対策 リスティング広告
上位に表示される即効性 なし あり
上位に表示される確実性 なし あり
安定的な流入を得る持続性 あり なし
ユーザー目線のコンテンツ 必要 必要なし
流入に対する費用対効果 高まる 一定
クリック率 高い(上位表示の場合) 低い
運用する上での費用 無料 有料
コントロール性 できない できる

SEO対策とリスティング広告は併用するのが一番!

いかがだったでしょうか。SEO対策とリスティング広告の違いや良さは理解してもらえたでしょうか。ここまで見ていただければ、「SEO」と「リスティング広告」のどちらか一方を選択するのではなく、目的ごとに使い分けつつ併用していくことが、最も効率がよいと感じていただけたと思います。

ただ、どうしても予算や工数の都合上同時に行うことが難しいという方もいると思います。
その場合、リスティング広告を出して広告からの流入数・CV数を増やすことをまず最初に行うことがよいでしょう。リスティング広告は、Google広告など広告媒体に登録して出稿手続きを踏めばすぐに検索結果の上部に表示させることができるため、SEOよりも簡単に、短時間で着手できるからです。また、リスティング広告を出すと、検索からどれくらい流入数・CV数が取れるのかを確かめることができるので、SEO対策を行った場合の効果検証も行うことができます。

そして、工数に余裕ができたときにはSEO対策にも着手し、自然検索からの流入数・CV数を増やしていくのが無難でしょう。リスティング広告で直近のWeb集客を行い、併せてSEOのコンテンツの改善など工数のかかる作業を進めていくことによって、中長期的に自然検索経由の集客につながり、結果として集客コストを減らしていくことができるでしょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO関連知識カテゴリの最新記事