SEOと文字数の関係|増やすほど有利になるって本当なの?

SEOと文字数の関係|増やすほど有利になるって本当なの?

SEO対策を講じている方の中には、記事の文字数を増やせばよいと考えている方がいるはずです。

本当に、文字数を増やすだけでSEO効果を得られるのでしょうか。このページでは、SEOと文字数の関係を詳しく解説しています。以下の情報を参考にすることで、文字数とどのように向き合えばよいかがわかるはずです。

SEO対策が気になる方は、確認しておきましょう。

SEO対策に文字数は関係あるの?

一部では、文字数を増やすことでSEO効果が得られるといわれています。

この説は本当なのでしょうか。まずは、文字数とSEOの関係を解説します。

文字数が多くてもSEO効果はない

残念ながら、文字数が多いだけでSEO効果を得られることはありません。

Googleは、文字数そのものを評価の対象としていないからです。つまり、1,000文字だと評価されない、5,000文字だと評価されるということはありません。

文字数を調整しても無意味

文字数を評価対象としていないため、内容の薄いコンテンツで文字数を増やしてもSEO効果は得られません。

上位表示されているページにあわせて、文字数を減らした場合も同様です。文字数そのものにSEO効果はないことを押さえておきましょう。

テーマについて網羅性が高い記事はSEOに有利

では、どのようなページであればGoogleに評価されるのでしょうか。

続いて、Googleに評価されやすいページの条件を解説します。

Googleはページ全体を評価している

Googleは、文字数ではなくページ全体を評価して、ユーザーにとって関連性が高く有益と思えるページを上位表示しています。

よって、文字数が少なくても、文字数が多くても、関連性が高く有益と評価されれば上位表示されます。

網羅性の高い記事は評価される

具体的に、評価されやすい条件として網羅性が高いことが挙げられます。

網羅性の高い記事とは、ユーザーが検索したキーワードに関する情報が不足なく掲載されている記事です。具体的には、1つの記事でユーザーのニーズを満たせる記事。つまり、他のページで移動する必要のない記事といえるでしょう。

このような記事が、SEOに有利と考えられています。

網羅性の高い記事は多くのユーザーのニーズを満たす

網羅性の高い記事は、キーワードに関連する情報が掲載されているため、さまざまなユーザーのニーズを満たせます。

すべてのユーザーの具体的にニーズをとらえて検索結果に反映することはできないので、網羅性の高いページがSEOで有利になると考えられます。

文字数が多いページはアクセスを集めやすい理由

文字数そのものにSEO効果はありませんが、文字数の多いページのほうがアクセスを集めやすいといえます。

SEO効果がないにもかかわらず、文字数の多いページはなぜアクセスを集めやすいのでしょうか。

網羅性が高くなる

内容にこだわりつつ文字数を増やすと、キーワードに対する網羅性は高くなります。網羅性の高いページは、Googleから評価されるためアクセスを集めやすくなるのです。

さまざまなキーワードでヒットしやすくなる

Googleは、ページ内に掲載されている文章を検索対象のキーワードと捉えます。

文字数が増えると、必然的にさまざまなキーワードが含まれます。文字数が多いページは、想定していなかったキーワードでヒットするため、アクセスが多く集まるのです。メインキーワードで上位表示されなかった場合も、その他のキーワードでアクセスを集められる可能性があります。

さまざまな共起語を含む

文字数の多いページは、さまざまな共起語を含みます。

共起語とは、特定のキーワードと併せて使われることが多いキーワードです。例えば、「マンション」であれば「物件」や「管理」、「購入」、「中古」などが共起語として挙げられます。さまざまな共起語を含むページは、検索キーワードと関連性の高いページ、ユーザーの検索意図を満たすページと評価される可能性があります。

よって、文字数の多いページはアクセスを集めやすいと考えられているのです。

Googleのコンテンツ基準を満たすには文字数が必要な場合も

Googleは検索順位と文字数に関連性はないと述べていますが、実際の検索順位をみると文字数の多いページが上位表示されている傾向があります。

文字数の多いページが上位表示されている理由は、Googleのコンテンツ基準を満たすには文字数が必要だからです。Googleはどのようなコンテンツ基準を掲げているのでしょうか。

内容が正確で、わかりやすく、包括的

内容が正確で、わかりやすく、包括的なコンテンツは高く評価されます。内容が不足しているコンテンツは、ユーザーのニーズを満たさないため評価されません。

ユーザーが求めている情報を提供

知識量によりユーザーの検索ワードは変化する可能性があります。

よって、同じ事柄を現わしていても、キーワードにより説明を変えることでユーザーのニーズを満たしやすくなります。キーワードをもとにユーザーのニーズを分析し、求めている情報を提供することが重要です。

独自の価値を提供する

独自の価値を提供しているページは評価される傾向があります。例えば、独自調査の結果を公表しているページや独自の見解を述べているページなど。

他サイトが提供していない価値を提供することも重要とされています。

ユーザーの信頼を獲得する

信頼できるサイトは安心してアクセスできます。サイトの運営者、コンテンツの作成者、サイトの目的を明示して、ユーザーの信頼を獲得する必要があります。

口コミを集める質の高いサイトにする

魅力的なサイトを見つけると友達などに教えたくなります。よって、自然な口コミを集めるサイトはGoogleからの評価も高くなります。誰かに教えたくなるようなコンテンツを作成することが重要です。

出典:Search Consoleヘルプ:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

コンテンツ基準を満たすには文字数が必要

Googleは以上のコンテンツ基準などを設けています。これらを満たすには、ある程度の文字数が必要です。

文字数そのものは評価対象となっていませんが、コンテンツ基準を満たそうとすると文字数は多くなってしまいます。

SEOの効果を高めるための文字数の決め方と記事作成の注意点

最後に、記事を作成する際に注意したいポイントを解説します。

文字数の目安

タイトル

タイトルの目安は、PCが30~36文字、スマホが36~41文字といわれています。これより多いと、省略されてしまうので注意しましょう。

メタディスクリプションの目安

メタディスクリプションの目安はPCが120文字、スマホが60文字といわれています。ディスクリプションも文字数が多すぎると省略されてしまいます。ページの概要を前半部分に記載しましょう。

文字数の目安

文字数の目安は、キーワードで異なります。キーワードにあわせて、不足のないコンテンツを作成することが重要です。一般的なキーワードで上位表示されているページの文字数は、4,000~5,000文字程度とされています。

不測のないコンテンツを作成しようとすると、このくらいの文字数が必要になると考えられます。

記事作成時の注意点

Googleのコンテンツ基準に注意

記事を作成するときは、Googleのコンテンツ基準を参考にしましょう。コンテンツ基準に従い作成することで、上位表示を狙いやすくなります。

選択と集中

全てのページで、ユーザーのニーズを満たす質の高いコンテンツを作成することは難しいかもしれません。労力や予算が足りないときは、重要なページに資源を集中しましょう。例えば、商品を販売したいのであれば、商品ページ、特に売れ筋の商品ページに注力するなどです。

優先度の低いページは、重要なページを完成させてから充実させていくとよいでしょう。

文字数を増やすだけではSEO効果を得られません

Googleによると、文字数は評価の対象となっていません。

単に文字数を増やすだけでは、SEO効果を得られないので注意しましょう。上位表示されているページの文字数が多いのは、Googleのコンテンツ基準を満たすと文字数が多くなるからです。

つまり、高品質な記事を作成すると文字数は多くなります。SEO効果を高めたい場合は、文字数ではなく記事の質を重視しましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO関連知識カテゴリの最新記事