SEOの意味を初心者でも分かるように解説

SEOの意味を初心者でも分かるように解説

ウェブサイトを管理しているとSEOという言葉を耳にするはずです。

とても重要といわれていますが、具体的にどのような意味なのでしょうか。このページでは、SEOの意味を詳しく解説するとともに主なSEO対策、行うべきではないSEO対策などを紹介しています。SEOが気になる方は参考にしてください。

 

SEOとは何か?意味や重要性を解説

SEOはどのような意味をもつ言葉なのでしょうか。その重要性とあわせて解説いたします。

SEOの意味

SEOは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語です。

「Search Engine」は「検索エンジン」、「Optimization」は「最適化」を意味します。つまり、SEOは検索エンジンにあわせてウェブサイトを最適化することを意味します。ウェブサイトを最適化する目的は、上位表示を実現して露出回数を増やすためです。

SEOの重要性

多くのユーザーは、検索エンジンにキーワードを入力して1ページ目に表示されたウェブサイトを訪れます。表示順位は、検索エンジンが定めるルールに基づき決められます。上位に表示されないウェブサイトは、存在しないも同然です。ユーザーに情報を届けるため、SEOに取り組まなければならないのです。

検索順位はどのようにして決まるのか?

検索結果に上位表示されるほど、クリック率は高くなります。

アクセスを多く集めたい場合、検索順位を上昇させなければなりません。検索順位はどのように決まるのでしょうか。

検索エンジンのシェア

検索順位の決まり方を説明する前に、検索エンジンのシェアを紹介します。国内の主要な検索エンジンとしてGoogleとYahoo!が挙げられます。両検索エンジンを合わせたシェアは、PC、スマホとも9割以上です。Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しているため、Google一強と考えてよいでしょう。

検索順位の仕組み

Googleの検索順位は、以下の仕組みで決まります。

1.クローラーと呼ばれるロボットが世界中のウェブサイトを巡回し情報を収集。
2.クローラーが集めた情報を登録(インデックス)。
3.ルール(アルゴリズム)に基づき順位を決める。

上位表示されるには、クローラーに巡回されること、インデックス登録されること、Googleが掲げる品質基準を参考に良質なコンテンツを作成することが必要です。

SEO対策を行うメリット・デメリット

SEO対策にはメリットとデメリットがあります。何かしらの対策を講じる前に理解しておきましょう。

メリット

SEO対策の最も大きなメリットは、リスティング広告などを利用せず集客できることです。

基本的には、競合他社が自社を上回るコンテンツを作成するまで、検索エンジンの評価基準が変わるまで、集客し続けられます。広告費をかけずに集客できる点は魅力といえるでしょう。

デメリット

SEO対策のデメリットとして、上位表示を保証できない点が挙げられます。

上位表示を保証できない理由は、検索順位を決めるルールが公開されていないからです。何かしらの対策を講じたからといって、必ずアクセスを集められるわけではありません。結果が出るまで時間がかかる点にも注意が必要です。良質なコンテンツを作成してからGoogleに評価されるまで、ある程度の時間がかかります。

具体的な3つのSEO対策

主なSEO対策として以下の3つが挙げられます。

・キーワード対策
・内部対策
・外部対策

具体的にどのような対策なのでしょうか。

キーワード対策

ウェブサイトは、軸になるキーワードを決めて製作します。

軸になるキーワードは、アピールしたい内容と集客したいユーザーが検索しているキーワードを照らし合わせて決定します。アピールしたい内容だけで決定すると、誰も検索していない可能性があるからです。

内部対策

内部対策とは、運営しているウェブサイトを見直しコンテンツを改善することです。

具体的には、サイトマップ、パンくずリストを作成する、見出しタグ、キーワード、内部リンクを見直すなどを指します。内部対策を施すことで、クローラーの巡回を促し、情報を適切に伝えられるようになります。

外部対策

外部対策とは、運営しているウェブサイト外で行うSEO対策です。主な外部対策として挙げられるのが、質の高い被リンクの獲得です。充実したウェブサイトと出会うと友達などに教えたくなるため、被リンクはコンテンツの価値を測る指標として活用されています。

 

気を付けたいブラックハットSEOとは

SEO対策に取り組むときはブラックハットSEOに注意が必要です。ブラックハットSEOとはどのようなものなのでしょうか。

ブラックハットSEOの概要

検索エンジンのガイドラインや利用規約に反した方法で、検索順位を上昇させる取り組みをブラックハットSEOといいます。ブラックハットSEOの例として、被リンクを購入する、対策したいキーワードを含んだ隠しテキスト(背景と同じ色など)を挿入するなどが挙げられます。

ブラックハットSEOのリスク

技術の進歩とともに、ブラックハットSEOの多くは検索エンジンから見破られるようになりました。不正な対策を見破られると、検索順位が大幅に下落する、流入数が大幅に減少する、インデックスを取り消されるなどの恐れがあります。業者に依頼する場合を含め、SEO対策に取り組むときは注意が必要です。

 

SEO対策を効率的に進めるためのツールの活用

SEO対策は無料ツールを使うとスムーズに進められます。代表的な無料ツールは以下の通りです。

Googleキーワードプランナー

Googleが提供しているツールです。キーワード検索数や関連キーワードなどを調べることができます。キーワード選定やユーザーのニーズ分析などに有効です。利用は無料ですが、AdWordsアカウントが必要になります。

Google Search Console

こちらもGoogleが提供しているツールです。検索キーワードに対する表示数やクリック数、掲載順位を調べることができます。また、サイトマップやURLを送信して、クロールを促すことなどもできます。表示数が多いキーワード、クリック率が低いページなどを探して、サイトの改善することが可能です。

SEOチェキ

ウェブサイトの「titleタグ」、「meta descriptionタグ」、「h1タグ」、「発リンク」、「ドメイン登録年月日」などの情報を取得できます。また、キーワードを指定してYahoo!とGoogleの検索順位を調べることや特定のページ内でよく使用されているキーワードを調べることなどもできます。競合サイトの調査に役立ちます。

 

SEO対策成功のためのポイント

SEO対策に取り組む場合は以下の点に注意しましょう。

腰を据えて取り組む

SEO対策で結果を出すには、ある程度の時間と労力、そして費用が必要です。短期間で結果を出そうとすると、失敗するケースが少なくありません。自分で行う場合も、外部に依頼する場合も、腰を据えて取り組みましょう。

ユーザーファーストが基本

検索エンジンが最も気にしているのは利用者であるユーザーの評価です。よって、利用者のニーズを満たす検索結果を表示しようとします。検索順位の上昇を望む方は、ユーザーのニーズを徹底的に分析して、コンテンツに反映させる必要があります。コンテンツは、事実に基づき、わかりやすく、網羅的に作成することが重要です。

良質なコンテンツをSNSで拡散

ユーザーのニーズにこたえる良質なコンテンツを作成したら、SNSで拡散しましょう。被リンクを獲得することで、ページやサイトへの評価を高められます。上位表示に必要な期間を短縮できるかもしれません。

 

SEO対策でサイトの上位表示を実現しましょう

SEOは、「Search Engine Optimization」の略語です。日本語に訳すると検索エンジン最適化となります。最適化する目的は、サイトの上位表示を実現することです。その方法として、キーワード対策、内部対策、外部対策などが挙げられます。自分でできることもありますが、本格的な対策となると専門的な知識が必要です。サイトの上位表示を実現したい方は、専門家からアドバイスを受けましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

SEO関連知識カテゴリの最新記事