SEOだけじゃもったいない!RLSAにも力を入れるべきです

SEOだけじゃもったいない!RLSAにも力を入れるべきです

みなさんは「RLSA」についてご存知ですか?
コンバージョンをサイトで得る上でSEOに力を入れることはもちろん大切ですが、「RLSA」にも目を向けるべきです。なぜなら、一緒に運用していくことでコンバージョン率がUPするからです。
ここでは、そんな「RLSA」についてと、SEOと「RLSA」の関係について、導入することでどうなるかをご紹介します。

「RLSA」とは

「RLSA」とは、“Remarketing Lists for Search Ads”の略で、日本語で“検索連動型広告向けリマーケティングリスト”と訳せます。Googleが提供するリスティングツール「Google広告」におけるターゲティング機能の一つです。名前の通り、リマーケティングリストのデータを活用した、検索連動型広告です。

通常、検索連動型広告はGoogle広告で設定したキーワードを検索したユーザー全員に対して、広告を表示させるといった仕組みです。
「RLSA」を設定することで、広告を表示させる対象を、一度自社サイトを訪問したことがあるユーザーに絞ることができます。

「RLSA」の仕組み

「サイトを訪問したことがあるユーザー」にだけ、どうやって設定しているのか。それを可能にしているのが「リマーケティングリスト」です。

リマーケティングリストは、ウェブサイトにアクセスしたユーザーのリストです。データは、サイトに追加したコードを認識することによって収集されます。Googleから指定されたコードがhtml内にあることで、ユーザーの行動を監視することができます。この情報がリマーケティングリストに保存されているのです(保存期間は最長540日間)。

リマーケティングリストをGoogle広告で設定することによって、リストに登録されたユーザーにのみ広告が表示されるようになります。ちなみに、「RLSA」を行うためには、ターゲットリストのリーチ数が1,000以上必要ですので、設定される際はお気を付けください。

「RLSA」のメリット

「RLSA」のメリットは、ずばり、配信するユーザーの関心が高いことです。そのため、今まで通常のリスティング広告では手を出せなかった領域にアプローチできます。

事例1:流入が多すぎてコンバージョンはとれるけどCPAが高い
確度が高いユーザーにのみ配信できるので、通常のリスティング広告よりCPAが安くなる。よって、普段流入が多すぎて費用対効果が合わないキーワードを設定できる。
事例2:運用コストを変えずにもっとコンバージョンが欲しい
同じclick数でもコンバージョンに繋がる確率が高いため、同じ運用コストでも  取れるコンバージョンの量を増やすことができる。

この事例のように、「RLSA」はとても魅力的なものなのです。

「SEO」と「RLSA」は繋がっている

最初に、“どうせSEOをやるなら「RLSA」にも目を向けるべき”と言いましたが、それは「SEO」と「RLSA」には繋がりがあるからです。

まずはSEOの説明をして、二つの繋がりを説明したいと思います。

SEOについて

SEOとは、ユーザーが検索した結果上に、自分のWebサイトがより多く露出されるようにする取り組みのことです。

SEOのメリットとして、広告ではないので、直接的な費用がかかることはありません。さらに、上位に上げることによって、サイトのアクセス数を格段に上げることができます。
デメリットとしては、結果が出ることが遅く、必ずコンバージョンが増えると明言できない点です。

ここで注目して欲しいのは、”アクセス数を格段に上げることができること”です。先程、”「RLSA」を行うためには、ターゲットリストのリーチ数が1,000以上必要”と言いました。「RLSA」は一度サイトに訪れたユーザーにのみアプローチするので、自分でアクセス数を稼ぐことはできませんが、そのアクセス数を上げるためにSEOがとても重要になってきます。

こんな関係性があるので、二つを一緒に運営することが大切になるのです。

相互補完関係にあるSEOと「RLSA」

また、この二つはお互いの欠点をカバーし合うことができます。

アクセス数 コンバージョン
SEO
RLSA ×

SEOで順位を上げてリーチ数が増えても、それがコンバージョンに確実に繋がるかと言えばそうではありません。一般的にSEOのコンバージョン率は、1~2%と言われいます。しかし、「RLSA」は一度訪れたが取りこぼしてしまったユーザーに再度アプローチをかけられるので、コンバージョン率が良く、この特性から相互補完関係であることがよくわかります。

こんな関係性があるからこそ、”「RLSA」にも目を向けるべきだ”と言ったのです。

「SEO」と「RLSA」を導入することでどうなるか

では、そんな関係性にある二つを一緒に運用してみたらどうなるでしょうか?
実際にどちらも導入した場合と、SEO対策のみの場合のシミュレーションをしてみました。

SEO対策のみの場合

この場合、せっかくサイトの順位を上げても、一度離脱されてしまえばそのユーザーが再び検索してクリックしてもらわない限り、サイトに訪れることはなかなかありません。

このように、SEOだけでは受動的にユーザーを待つだけで、何もすることはできません。

そして、そんなユーザーの中には、
・検討段階にはあったけど、「他のところも見てみようかな」と別のサイトに行ってしまったユーザー
・ネットサーフィンを続ける中で、気にはなっていたのに忘れてしまったユーザー
などが含まれます。

つまり、本当はコンバージョンを得ることができたユーザーを逃してしまうという非常にもったいないことが起こってしまうのです。

SEOとRLSAを組み合わせた場合

RLSAを組み合わせた場合、さきほど逃してしまったユーザーをリマーケティングリストに登録することで、リスティング広告を配信することができます。

そのため、一度訪れたユーザーがGoogleやその他パートナーサイトを使っている時に、自社サイトへの導線を作って再アプローチすることができます

つまり、待つだけではなく、能動的にこちらからユーザーにモーションを仕掛けることができるのです。

「SEO」と「RLSA」でコンバージョン率UP!

「SEO」と「RLSA」を組み合わせることで、コンバージョンを得ることがどれほど効果的になるかわかりましたか?

リマーケティングリストを通じて相互補完関係にあるからこそ、SEOで効果がでたときに「RLSA」もさらに効果的になります。

これを機に、SEOだけに注力するのではなく、「RLSA」にもぜひ力を入れてみてください。

関連記事

  • ナチュラルリンクで競合に勝つ!危険な外部リンクの対処法もご紹介ナチュラルリンクで競合に勝つ!危険な外部リンクの対処法もご紹介   皆さんは外部リンクについてどのくらい知っていますか? 外部リンクには、危険な外部リンクと、競合に勝つために必要な外部リンクの2種類があります。 この記事ではどのような外部リンクが危険であり […]
  • FacebookはSEOに効果的なのかFacebookはSEOに効果的なのか 『FacebookってSEO効果はあるの?』 時々、このような質問をお客様から頂くことがあります。 Facebook自体は知っていても、その効果はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。 今回 […]
  • canonicalとは?正しい使い方、NGな使い方を一挙に解説canonicalとは?正しい使い方、NGな使い方を一挙に解説   canonicalって聞いたけど今一よくわからない、そんな悩みにお応えすべく簡単な概要から詳細な使い方までを紹介いたします。前半は概念を理解するための概要、後半はNGな使用方法や他の正規化タグとの違い […]
  • ドメインオーソリティ(DA)はSEOでどうとらえるべき?ドメインオーソリティ(DA)はSEOでどうとらえるべき? ドメインオーソリティ(DA)はSEOを行う上で最重要視するべき指標ではありませんが、参考資料としては役立ちます。スコアを確認することは、SEOにとって有効であるとも考えられるでしょう。 そこで、ドメインオーソリティ […]
  • サイテーションでSEO対策をさらに良くする5つのポイントサイテーションでSEO対策をさらに良くする5つのポイント みなさんは「サイテーション」という言葉、ご存知ですか?実は、読んでいるあなたも、知らないうちに「サイテーション」の一部を担っていたことがあるかもしれません。 今回は、そんなサイテーションについてご紹介します。SEO対策をさ […]

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

外部対策カテゴリの最新記事