重複コンテンツとは?SEOへの影響やGoogleの判断基準、回避方法を解説

重複コンテンツとは?SEOへの影響やGoogleの判断基準、回避方法を解説

現在のSEOにおいて、外部リンク一辺倒の施策ではなく、よりサイト内のコンテンツを充実させることに資金と労力を費やし、ユーザーにとって有益な情報をウェブサイト内に投入していくという手法は、スタンダードなものになっています。

その一方で、多くのサイトが、オリジナリティが無い(他のサイトの情報でも代替できてしまう)、「重複コンテンツ」が多く生成してしまっているのも事実です。

今回は重複コンテンツの意味と、自社サイトの検索順位に及ぼす影響、重複コンテンツとGoogleに見なされてしまう判断基準について解説していきます。

『もしかして自分のサイトは重複コンテンツなのでは…』と不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

 

重複コンテンツとは

 

「重複コンテンツ」とは別のURLのコンテンツと類似したコンテンツ、あるいはほぼ完全に内容が一致しているコンテンツを指します。

簡単に言えば「別のコンテンツをコピーしたコンテンツ」のことです。

これは、必ずしも悪意を持って重複コンテンツを作成したときにのみ作成されるものではありません。意外にも、意図せず重複コンテンツとなってしまうケースは少なくありません。

現在、インターネット上には膨大な数のサイト、ページが存在しています。自分ではオリジナルで作成したコンテンツであっても、偶然にも類似したコンテンツになってしまうことがあります。

あまりにも類似性が高い場合、重複コンテンツの判断基準を満たすことになり、ペナルティの対象となってしまうのです。

 

重複コンテンツによるSEOへの影響

重複コンテンツによるSEOへの影響はどのようなものが挙げられるのでしょうか。
重複コンテンツの判断基準に迫る前に、重複コンテンツによって発生する影響を解説します。

 

1.検索順位の降下

まず、第一に挙げられるのが「検索順位の降下」です。

Googleのアルゴリズムでは、類似するコンテンツのページが2つ以上存在する場合、ひとつのページを除いて、順位を下降させるという動きがあります。これは、同じ内容のコンテンツが複数存在しても、『ユーザーにとっては役に立たない。どちらか一方だけを表示させればよい』という観点からの処置です。

特にSEOで上位化を目指すページが重複コンテンツとして判定されることは大きな痛手になります。SEO的な目的でのページ追加の際は、徹底した配慮が必要になるでしょう。

ただし、ECサイトなどにありがちな「色が違うだけの同じ商品のページ」は問題ありません。こうしたページはどうしても存在してしまうもので、Google側もそれを理解しています。canonical設定など適切な処置を行うことで、対策が可能です。

 

2.被リンクの評価分散

自サイト内に重複コンテンツがある場合に生じる問題もあります。その代表的なものが「被リンクの評価分散」です。

同じ内容のページが複数ある場合、他サイト管理者から得られる被リンクの数も分散をしてしまいます。
本来1ページで、獲得が望めた被リンク数が半分になることも考えられます。結果として、被リンクによるSEO評価も半減になることもあり得るのです。

SEOにおいて、今でも被リンクの数は非常に重要な要素です。上位化を目指すためにも、被リンクの評価分散は避けるようにしましょう。

 

3.コピー元であるサイト運営者からのクレーム

稀にではありますが、コピーコンテンツの大元になったサイト運営者からクレームが入ることも考えられます。
早々にコピーだと指摘されたページを削除して穏便に済めば良い方でしょう。

場合によっては、自社サイトが「コンテンツの盗用」をしたと事が大きくなるケースも想定されます。結果として、自社サイトの信頼を大きく損なうリスクがあるだけでなく、裁判にまでなるケースもゼロではないため、注意が必要です。

万が一、他のサイト運営者からクレームが来た場合は、「本当にコピーコンテンツに該当するのか?」「悪意をもって盗用されたものなのか」など、状況の確認をしましょう。

もしも、著しく真似をしてコンテンツを作ってしまっていた場合は、早々にページの削除や修正に当たってください。

逆に、自社でのオリジナルコンテンツであるというものであれば、相手の言い分は言いがかりにすぎません。サイト立ち上げ日や更新記録などを証拠になりうるものを提示して、正当性を立証しましょう。

 

4.ペナルティの危険性

サイト全体が重複コンテンツに溢れているような場合、ペナルティの判定を受けるケースがあります。

これはGoogleの「パンダアップデート」の動きによるもので、サイト全体が単なるコピーサイトと判定され、厳しい対処がなされます。順位の大きな下落にはじまり、最悪の場合、検索結果に表示されないという事態になります。

こうしたサイト全体がコピーコンテンツに溢れているようなサイトは、サイト運営者が自覚しているケースがほとんどです。もし、自覚がある方がいれば、早々に辞めることを推奨致します。

 

重複コンテンツの判定基準について

ここからは重複コンテンツが判断される基準について解説します。
何をもって重複コンテンツと判断されてしまうのか、判断される基準などについて、お伝えしていきます。

 

1.重複コンテンツの具体的な判定基準

何文字が重複していればアウトなのか、Googleから明確な基準は公開されていません。これは、判定基準を明確にしてしまう場合、その基準を逆手にとる人が出てくることが、一因だと思われます。

ただし、厳格な基準を設けるのであれば、「2~3行程度の文章が完全一致」するようなものは、修正することが望ましいでしょう。明確に明かされていないからこそ、やや厳しめにチェックすることを推奨致します。

厳しく重複コンテンツを判定することは、オリジナリティのあるコンテンツを作っていくことにも繋がります。コンテンツの品質にも大きく影響する要素となりますので、しっかりと対応しましょう。

 

2.明らかな「コピペ」「盗用」はNG

前提として、明らかなコピペや盗用したコンテンツはアウトです。単純なコピペの場合、重複率はほぼ100%近いでしょう。度合いによりますが、盗用した場合でも、ページ内の重複率は高くなる可能性が高いです。

コピーコンテンツとGoogleから判定される場合の明確な基準が明かされていないとはいえ、引っかかる可能性が非常に高いので、単純なコピペや盗用は辞めておきましょう。

ただし、情報ソースとして、他のサイトを複数見ながら、コンテンツを作成するというケースもあるでしょう。あくまで情報ソースとして活用するのは問題ありません。

ですが、参考にするあまり、書き口も含めて類似した文章にならないように注意が必要です。しっかりと自分自身の言葉で書くようにしてください。

 

重複コンテンツを防ぐ対策について

上述した通り、オリジナルのコンテンツであれば、重複コンテンツの判断基準を過剰に意識する必要はありません。

しかし、それでも不安を感じるのが正直なところであると思います。

ここからは重複コンテンツを防ぐための方法について解説します。

 

ツールの活用

大前提として、安易に真似をせずに、自分の言葉でライティングをすることが大事です。ですが、重複コンテンツを防ぐ方法として「専用ツール」が存在します。

「コピペチェック」として展開されているツールの多くは、指定した文章を検索にかけることと、別のコンテンツと重複していないかがチェックできます。無料~有料まで様々で、機能性もツールによって大きく異なります。

そのため、導入する際には自分が求める機能を理解したうえで検討することが大切です。ちなみに、無料ツールの場合は回数制限が設けられていたり、容量に制限があるケースがあるため注意しましょう。

 

大事なことは「オリジナル」を意識すること

重複コンテンツの判断基準は明確に定められていない、ということについて解説しました。

明確な基準が無い以上、自社サイトが重複コンテンツ化してしまうことを確実に回避することは難しいことだと言えます。

こうした曖昧な点は、コンテンツを作成する側にとっては若干不安を感じるものですが、他のサイトからの安易な引用やリライトをせず、オリジナリティの高いコンテンツ制作を心がけていれば、そこまで心配する必要はありません。

コンテンツ制作で主眼に置くべきなのは、「重複コンテンツを気にする」ということよりも「価値のあるコンテンツ」「品質の高いコンテンツ」を作るということです。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

サイト内部対策カテゴリの最新記事