noindexの使い方とは?SEO効果を高めるためのページ管理方法をご紹介

noindexの使い方とは?SEO効果を高めるためのページ管理方法をご紹介

 

あなたのサイトはnoindexを活用して、SEOのコントロールを行っていますか?

noindexの存在は知っていても、実際に活用してWEBサイトの運営を行っているWEB担当者は、以外と少ないのではないでしょうか。今回は、noindexの活用方法と書き方についてご紹介します。

 

noindexの基礎知識

noindexとは、検索エンジンに指定したURLをインデックスさせなくするためのタグです。noindexが記述されたページは、どのようなキーワードで検索をしても、検索結果に表示されなくなります。

 

noindexの使いどころと目的

せっかく作ったページを検索結果に表示されないようにするなんて、SEO効果は本当に上がるの?と思う方もいるでしょう。次は、noindexを使用するタイミングと、その使用目的についてご紹介します。

 

 noindexの使いどころ

noindexの使いどころは、未作成のページや、質の低いコンテンツ等です。

 

noindexの使用目的

noindexをうまく活用することで、サイトの価値を底上げすることができます。

価値をあげるなら、「コンテンツの数を減らすのではなく、増やすべきだ!」と考える人もいるでしょう。確かに、サイト全体のアクセス数を増やすためには、コンテンツの量が必要です。

しかし、「質が低い」コンテンツばかりでは、むしろサイト全体の評価が下がってしまいます。そこで活用するのがnoindexです。質の低いページを量産するサイトから、質の高いページが厳選されたサイトに変わることで、SEOの評価も底上げできるのです。

 

使用上の注意

noindexは簡単に設定することができますが、そのぶん、誤った使い方した場合に与える影響も大きくなります。注意点は事前に確認しておきましょう。

 

クローラーの巡回はされる

noindexが設定されていてもクローラーの巡回は行われるため、ページに順位が付くこともあります。また、noindexが指定されているページからのリンクは評価されます。

クローラーの巡回を止めたい場合は、robots.txtでdisallowの設定を行いましょう。

 

本番化の際は解除忘れにご注意!

これはよくあるミスですが、テストアップ時に設定したnoindexの解除をしないまま、本番環境にアップロードしてしまうことがあります。アップロードしたタイミングですぐに気づければ良いのですが、数週間以上放置されていると、SEOに大きなダメージを与えることになります。検索結果に直接関わるnoindexは、慎重に取り扱うようにしましょう。

 

noindexの設定と解除方法について

次は実際にnoindexを設定する場合の作業手順についてご紹介します。HTMLでの記述とWordPressそれぞれについて見ていきましょう。

HTMLでの記述

HTMLでコーディングを行う場合は、インデックスさせたくないページの<head></head>タグ内に、下記のコードを記述します。

 

<meta name=”robots” content=”noindex”>

 

この状態でアップロードすれば、インデックスされなくなります。本番化の際など、インデックスしてほしくなった場合は、上記の記述を消して再度アップロードをすれば問題ありません。

 

WordPressでの設定方法

WordPressの場合は「All in One SEO Pack」のプラグインを利用すると簡単に設定することが出来るため、おすすめです。

このプラグインを入れると、記事の編集画面に下記のような「All in One SEO Pack」の項目が表示されるようになります。

操作するのは、「noindex このページ/投稿」という赤枠の部分です。

 

この欄にチェックを入れると、インデックスされなくなります。

インデックスしてほしくなった場合は、反対にチェックを外すだけです。

まとめ

noindexは検索結果にダイレクトに影響を及ぼすタグです。使い方を誤ってしまうと、大きな影響を受ける可能性もあります。その一方で、うまく活用できれば受けられる恩恵もあります。品質の低いページを見極めたうえでnoindexを設定し、SEO効果を向上させましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。

サイト内部対策カテゴリの最新記事