リンク切れが起きる原因とそのチェック方法をご紹介します

リンク切れが起きる原因とそのチェック方法をご紹介します

あなたのWebサイトはリンク切れをチェックしていますか?
リンク切れが多いサイトは「ユーザビリティが悪い」とクローラーに判断され、評価を下げられる可能性があります。
今回はリンク切れの影響や、リンク切れの見つけ方についてご紹介します。

リンク切れとは?

リンク切れとは、設置してあるリンクの遷移先にアクセスできないことを指します。その場合、リンクをクリックすると、リンクの遷移先ではなく「404 Not Found」と表示されます。
リンク切れは英語では「dead link」と呼ばれ、日本でも「デッドリンク」呼称するケースがあります。

リンク切れの原因

リンク切れの原因は大きく分けて2つあります。

原因①:リンクのURLが間違っている

一つ目は、Webサイトの作成者が誤ったURLでリンクを張っている場合です。1文字でもスペルが誤っていたり、スラッシュが1本足りなかったりというだけでも、リンク切れは起こります。
運営しているサイトでリンク切れを起こしている場合は、まず、正しいURLが設定されていることを確認しましょう。

原因②:ページが既に削除されている

二つ目は、リンク先のページが既に削除されている場合です。リンクを貼る際には有効だったけれど、その後、何らかの理由でWebページが削除されリンク切れとなったパターンです。しばらく更新してない、古いサイトによく見受けられます。
リンク先が外部サイトの場合は、ページが削除されたタイミングを逐一把握しておくことが困難です。定期的にサイト内を巡回し、チェックをするようにしましょう。

リンク切れによる悪影響

リンク切れを放置しておくと、サイトに悪影響がでます。その理由を大きく2つに分けてご紹介します。

理由①:ユーザビリティの低下

まず一つ目の理由は、リンク切れによってユーザビリティを低下させることです。ユーザーはリンク先を見たくてクリックをしたのに、遷移先のページを見ることができず、快適な利用ができなくなります。そのままページを離脱してします可能性も高まります。

理由②:クローラーの巡回が止まる

クローラーはリンクを辿ることでWebサイトの情報を集めるプログラムになっています。そのため、リンク切れを起こしている箇所で、クローラーの情報収集も止まってしまいます。

クローラーの巡回回数には制限があります。優先度の高いページがリンク切れによって評価されず、逆に優先度の低いページばかり低評価をされてしまったなんて事態にならないよう注意しましょう。

リンク切れの見つけ方

Googleが提供しているSearch Console(https://search.google.com/search-console/about?hl=ja)を使えば、Webサイトのリンク切れを簡単に見つけることができます。具体的な操作方法についてご紹介します。

まず、Search Consoleにアクセスします。
左側のダッシュボードから、「クロール>クロールエラー」をクリックします。

【スクショ貼る】

次のページが開かれると、下記の3つの結果が並びます。

・サーバーエラー
・アクセスが拒否されました
・見つかりませんでした

このうち、リンク切れの可能性があるのは「見つかりませんでした」の部分です。
グラフの下に該当するリンクが一覧で表示されるので、一つずつチェックしていきましょう。リンク切れを起こしていた場合は、下記の対応を行いましょう。

・遷移先をユーザーに見て欲しい場合・・・・正しいURLへの修正or301リダイレクト
・遷移先をユーザーに見てもらう必要がない場合・・・リンクの削除

リンク切れにきちんと対応してユーザビリティ向上!

リンク切れを放置しておくと、Webサイトのユーザビリティが下がり、SEOで低評価を受ける恐れがあります。
特に外部サイトは、リンクを貼った時に問題がなくても、いつの間にかページが削除されていたということがよくあります。リンクが切れたタイミングを都度把握することは難しいので、定期的にSearch Console でのリンクチェックを行うとよいでしょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。

サイト内部対策カテゴリの最新記事