404エラーの原因と解決方法|マネしたい404エラーページのデザインも紹介します

404エラーの原因と解決方法|マネしたい404エラーページのデザインも紹介します

普段Webサイトを閲覧している時に、真っ白な背景に「お探しのページは見つかりませんでした」「404 not found」と表示されたことはありませんか?

これらは、通称「404エラー」と呼ばれます。かなりメジャーなエラーなので、Webサイトを運営している人なら、エラーの原因と解決方法について詳しく知っておいた方がよいでしょう。

また、404エラーページをデザインしておくと、ページの離脱率を下げることができます。理想的な404エラーページのデザインについても事例を用いてご紹介致します。

404エラーとは?

404エラーとは…
リクエストされたページが存在しない時に表示されるサーバーエラーのことです。

別名では「404 Not Found」と称されることもあります。

サーバーエラーについて理解するためには、まず、Webページが表示される手順を知っておきましょう。手順は、下記のようになっています。

▼Webページが表示される手順

①ページのデータの保存先であるサーバーに、Webブラウザがリクエストを送信

②サーバーがリクエストに応えてWebブラウザにデータを送信

③ページが表示される

404エラーは上記の②の手順において、サーバーから「そんなページのデータはありません」と返答された場合に起こるエラーです。

 

404エラーが起る主な原因

では、実際にどんな時に404エラーが起るのでしょうか。主な原因は2つあるので、それぞれについて紹介します。

 

誤ったURLでリクエストしている

これはよくあるミスですが、URLを手入力して検索する際に、1字でもスペルが誤っていると404エラーになります。

手入力ではない場合でも、貼られたリンクがそもそも誤っているケースがままあります。

まずは落ち着いて、正しいURLであるかどうかを確認しましょう。

 

すでにページが削除されている

すでに削除されたページにアクセスしようとすると404エラーになります。これは404エラーとして正常な反応です。

ドメイン移管やページの削除をした後に、ユーザーを別のURLに移動させたい場合は、301リダイレクトなどの対応をしましょう。

301リダイレクトでの詳しい対象方は今回は割愛させて頂きます。

 

404エラーページをデザインして離脱防止

あなたのサイトは404エラーページをデザインしていますか?TOPページのデザインは細部までこだわったけど、404エラーのページがデフォルトのままという方も多いのではないでしょうか。

404エラーページは頻繁に表示されるものではありませんが、真っ白で無機質なページが表示されると、ユーザーの離脱率が高くなる傾向にあります。

ユーザーの閲覧意欲を落とさないようにするためには、404ページをデザインしておくと良いでしょう。「TOPに戻る」や「サイトマップ」などのリンクが貼られていると、ユーザビリティが上がるのでおすすめです。

 

デザインされた404エラーページの実例

ここで、デザインされた404ページの実例をご紹介します。Webサイトを運営している方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本コカ・コーラ株式会社

https://www.cocacola.co.jp/404

数字の水滴や缶の口が自社製品の「コカ・コーラ」を連想させる、技ありの404エラーページです。ユニークかつ、製品のアピールにもうまく繋げています。

 

ヤマト運輸

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/404error.html

複数のダンボール箱の中から黒猫を探すゲームで遊ぶことができます。つい楽しくなってしまい、404ページの滞在時間が伸びても許せてしまうでしょう。

タカラトミー

https://www.takaratomy.co.jp/404

キーワード検索が404エラーページに設置されているので、簡単に目的のページに移動することができます。

 

HONDA

https://www.takaratomy.co.jp/404

HONDAの404エラーページは問題点を指摘できるようになっています。「ユーザーと一緒になって問題を解決していきたい」という姿勢が伺るため、目当てのページが見つからなくても、嫌な気分になる人はいないでしょう。

404エラーの対応次第で機会損失が減る

404エラーは放置しておくと、サイトの流入数に影響を及ぼす危険性があります。他のページにユーザーを移動させたい場合は、301リダイレクトなどの対応をきちんと行いましょう。
また、404エラーページをデザインすることで、ページの離脱率を下げることができます。Webサイトを運営するのなら、なるべく機会損失は避けるように努めましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

サイト内部対策カテゴリの最新記事