SEOを成功させるためのWEBライティング|3つの基本と4つのコツ

SEOを成功させるためのWEBライティング|3つの基本と4つのコツ

成功事例

「SEO対策がWEBマーケティングの成功のカギを握っている」と言われることがあるように、検索上位の獲得は収益にも直結するポイントといえます。
とはいえ、具体的なSEOライティングの方法がわからないといった方も少なくありません。書いてみたものの、なかなか検索エンジンに評価されずに頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではSEO対策を行う上で知っておきたいWEBライティングの基本とコツをご紹介します。5分程度で読み終える上に、ライティングの方法が網羅的に掴めるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

SEO対策を行う上でライティング方法は重要

SEO対策を行う際に、ライティング方法は重要な役割を果たします。文章の構成や書き方を工夫するだけで、集客効果が大きく変わるからです。
闇雲に書きたい記事を好きなように書いているだけでは、検索エンジンには評価されません。月にたった10人程度にしか読まれないケースも多いです。せっかく時間と労力を割いてコンテンツを作っても、集客できなければ意味がありません。

 

一方で、ユーザーの視点に立って、読者のためになるコンテンツを作れば、検索エンジンから評価されやすくなります。検索結果の上位にも表示されるようになり、大量のユーザーの目にコンテンツが届くのです。
ただし、SEOライティングで効果を実感できるまでには時間がかかります。サイトが検索エンジンに認識され、評価が順位に反映されるまでに6ヵ月以上必要だと言われているからです。コンテンツを発信してすぐには結果がでませんが、中長期的な視点でみれば効果的な集客手段の1つといえます。

 

一度コンテンツを作成してしまえば「資産」となるので、自動的な集客も難しくありません。さらに新規ユーザーの獲得も期待できるため、成功すれば得られるメリットは大きいでしょう。SEO対策で成果を出したいなら、ライティングの方法までこだわるのが近道といえます。
次の項目では、SEOライティングを行う上での具体的なポイントをご紹介します。

 

WEBライティングを行う上での基本

SEOライティングを行う上で意識したい基本は次の3つです。

・ペルソナの設定
・読者視点に立った記事を書く
・継続的に記事をアップする

それぞれのポイントについて、簡潔にご紹介します。

 

ペルソナの設定

SEOライティングを行う前に、ペルソナを設定しましょう。ペルソナとはコンテンツを届けるターゲットのことです。どのような人に情報を発信したいかを事前に決めましょう。あらかじめペルソナを設定することで、読者に届けたい情報だけをピンポイントに伝えられます。コンテンツの内容も一貫して、最初から最後までブレる心配がありません。

 

反対にペルソナを設定せずに書いてしまうと、何を伝えたい記事かわからなくなってしまいます。コンテンツ内容が定まらず、記事に情報を詰め込みすぎる恐れがあるからです。闇雲に情報が並べられ、コンテンツを受け取った読者も混乱します。
ターゲットを絞ると読者が減ってしまうと思われがちですが、特定の人に価値のある情報を届ければ、似た層のユーザーも獲得できます。ペルソナを設定することで、コンテンツの内容も定まり結果的に集客にもつながるのです。

 

読者視点に立った記事を書く

SEOライティングは、読者の視点に立った記事を書かなければなりません。なぜなら、検索エンジンはユーザーにとっての利便性を評価して、順位を決めているからです。検索エンジンが記事の品質を評価する際、「検索者が求めている情報が書かれているか」を判断・評価しています。記事ライティングにおいて陥りがちな罠として、ユーザーの求めている情報から脱線してしまい、いつの間にか記事内容がテーマの本筋と逸れてしまうケースが多いですが、ユーザーが求めている情報、質問に対する的確なアンサーとなる記事をライティングしなければ、現在のGoogleアルゴリズム下においては、あまり記事の検索順位は上がらないでしょう。

 

一方で、読者の視点に立った記事が作成できれば、検索ユーザーが記事を閲覧した際に満足を得ることができ、そうするとGoogleからも必然的に評価される記事となります。ユーザー目線の記事をライティングするためには「ユーザーの検索意図」を的確に読み解く必要があります。検索した理由や背景がわからなければ、記事の内容も定まらないからです。

 

たとえば「SEOライティング コツ」といったキーワードで検索してくるユーザーがいるとします。おそらく読者には「SEOライティングに挑戦したいが、Googleから評価される方法を知りたい」といった意図があるはずです。ユーザーの欲求がわかれば記事の内容も決まり、ユーザーの悩みを解決できる記事が書けます。結果的に検索者目線に立った記事は、多くのユーザーに読まれ、Googleからの評価も上がります。そのため、SEOで成果を出したい場合は、まずはユーザー目線に立つことが基本です。

 

継続的に記事をアップする

「継続的に記事をアップする」ということもSEOライティングでは重要なポイントです。記事を多く投稿すればするほど、ユーザーの流入増加が見込めるからです。コンスタントに記事をアップすると、次第に成果の上がっている記事と上がっていない記事がわかってきて、どの記事が多くのユーザーに読まれているか、判断できるようになります。

 

人気のコンテンツがわかれば、多くのアクセスを集めている要因を分析できます。「どのような人が」「どのようなキーワードで」検索して記事にたどりついたのかなど、データを収集するのも難しくありません。得られた結果をもとに、改善策や新しい施策を考え試すことができます。実験と検証を繰り返すことで、意図的に上位表示させるようなSEOライティングができるようになるでしょう。次第にユーザーの検索意図や求めている情報も正確にキャッチできるようになり、より読者目線に立った記事を書くことも可能になります。

 

ユーザーの欲求に応えるコンテンツが提供できれば、検索エンジンからも評価されて自然にサイトへの流入も増え、集客につながる上に、SEOライティングのスキルも身に付きます。まずはSEO対策を意識しつつ、コツコツと記事をアップすることを心掛けましょう。
次の項目では、具体的なSEOライティングのコツをご紹介します。

 

SEO対策におけるライティングのコツ

SEO対策を意識したライティングには、4つのコツがあります。

・読者の問題解決を意識する
・メインとなるキーワードに沿った記事にする
・見出しを使って記事をわかりやすくする
・内容の具体性を意識する

上記の4つのコツをおさえれば、上位表示を狙った記事を作成できます。以下ではそれぞれについて詳しく解説していきますので、はじめてSEOライティングに挑戦する方は、ぜひ実践してみてください。

 

検索者の問題解決を意識する

検索結果で上位表示を狙うなら、検索者の問題解決を意識したライティングを行う必要があります。Googleは、検索者にとって価値のある情報を何よりも「良質なコンテンツ」と判断するからです。

 

ユーザーは何かしらの悩みを解決するために検索をします。たとえば「SEO対策 コツ」といったキーワードで、ユーザーが検索しているとしましょう。読者の悩みとしては「SEO対策をしてサイトを上位表示させたいが、正しい方法がわからない」ということが読み取れます。課題を解決するためには「SEO対策のコツや方法をまとめた記事」が必要になります。

 

例のように読者が抱えている悩みさえわかれば、書くべき内容も定まります。ダイレクトにターゲットの要望を応えた記事を届けられるのです。

結果的に読者にとって「価値のある記事」と判断され、上位表示される可能性も高くなります。SEO対策を意識したライティングを行うのであれば、読者の悩みと求められている解決策を推測し、ユーザー目線に立った記事作成を心掛けましょう。

 

メインとなるキーワードに沿った記事にする

SEOライティングで書く記事は、メインとなるキーワードに沿った内容にしましょう。全く関係のないコンテンツを作成してしまうと、ユーザーのためになる記事には仕上がりません。キーワードにはユーザーの「検索意図」が隠されているからです。

キーワードから外れた内容の記事は、読者の悩みも無視してしまいます。自分にとっては意味があると思う内容でも、読者には求められていないケースも多くあります。結果的に「価値のあるコンテンツではない」と判断され、上位表示されない場合も少なくありません。

 

検索上位を狙うなら、キーワードに沿った記事作成にくわえて「記事タイトル」にも注意しましょう。記事タイトルの冒頭には、上位表示させたいキーワードを盛り込みます。検索エンジンがサイトの順位を評価する際に、大切な判断材料になると言われているからです。

 

ユーザーからしても、検索キーワードが文頭にあれば一目で記事の内容が予想できます。アクセスの流入にも大きく影響するので、記事タイトルとコンテンツの内容は、キーワードを意識するようにしましょう。

 

見出しを使って記事をわかりやすくする

見出しの活用もSEO対策では重要な役割を果たします。見出しを活用すると、文章が格段にわかりやすくなるからです。伝えたい内容に合わせて、見出しや小見出しを使いましょう。タグでは次のように表現します。

・タイトル「h1」
・見出し「h2」
・小見出し「h3」

h3タグをさらに分割するときは「h4」タグを活用し、細かく構造化していきます。コンテンツの内容を見出しの階層ごとに分けると、読者にわかりやすく情報を伝えることができます。

 

反対に見出しがない記事は文章を並べているだけで、伝えたい内容がわからないケースも少なくありません。積極的にタグを活用して、わかりやすい記事作成を心掛けましょう。
上位表示を狙う場合は「h2」「h3」タグに、キーワードを盛り込むことを意識してください。タイトルと同じように、検索エンジンが順位を決める判断材料になります。

 

内容の具体性を意識する

検索エンジンで評価される記事を書く際には、内容の具体性も意識しましょう。情報を集めただけの記事では、他のコンテンツと変わりません。差別化を図るためにも、より具体的で専門的な内容が書かれた記事が望ましいです。とくに意識すべきポイントは「具体的な数字を盛り込む」ことです。たとえば、次のようなイメージです。

修正前:この建物は古い建物です
修正後:この建物は2000年に建築された古い建物です

 

具体的な数字を書くことで、より文章に信憑性が増しイメージしやすくなります。また、数値やデータを盛り込むことで、ユーザーからの信頼を得ることにもつながる可能性があります。実際の数値やデータがある場合は積極的に活用していきましょう。

 

まとめ

現在のGoogleアルゴリズムでは、SEOライティングは重要な役割を果たします。
記事の構成や書き方を工夫するのとしないのとでは、検索順位も変わってきます。SEO対策のコツを掴み継続的に記事をアップすれば、新規ユーザーを獲得できる効率的な集客ツールとなるでしょう。
ライティングを行う際には、今回ご紹介した具体的なポイントやコツを実践すれば、SEO対策を意識したライティングのスキルが格段に上がるはずです。SEO対策やライティングのスキルアップのためにも、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。

コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事