良質なコンテンツってそもそも何?注意すべき5つのポイント

良質なコンテンツってそもそも何?注意すべき5つのポイント

成功事例

「コンテンツの質がマーケティングを成功させるカギになる」と言われるケースもあるほど、コンテンツの内容は、集客や収益化に大きな影響を与えます。

とはいえ、どのような情報を提供すれば良いかわからないといった方も少なくないでしょう。はじめてコンテンツマーケティングを導入する企業や個人にとっては、コンテンツ作りに悩まされる方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、良質なコンテンツの判断基準と作成時のポイントについてご紹介します。5分程度で読めるうえに、コンテンツの質が驚くほど上がるはずです。コンテンツ作りに挑戦している方は、ぜひ参考にしてみてください。

良質なコンテンツとは

良質なコンテンツとは、ユーザーが価値を感じるコンテンツのことです。受け取った情報に価値を感じてもらえれば、質の良いコンテンツといって良いでしょう。とはいえ読者全員が、コンテンツに満足できるとは限りません。価値観や感じ方は人によって違うからです。

 

全く同じコンテンツを受け取って「ためになった」と感じる方もいれば「役に立たなかった」と感じる方もいます。コンテンツを「良質」と判断するかどうかは、読者の見方によって左右されるのです。

 

しかし、せっかくコンテンツを提供しても読者が価値を感じているかわからないといった声も少なくありません。最も効率的な判断基準は、WEB上の「検索エンジン」です。Googleはリンク数やコンテンツの内容をふまえて「ユーザーにとって価値のある情報か」を合理的に判断します。良質なコンテンツと評価されれば、自然と検索順位は上位に上がるのです。

 

良質なコンテンツの判断基準

Googleに評価されやすい「良質なコンテンツの判断基準」をご紹介します。検索エンジンが良質なコンテンツとみなす判断基準は、以下が挙げられます。

 

・共有したくなるコンテンツ

共有したくなるコンテンツは、良質なコンテンツとみなされます。他の人にシェアしたくなる情報は、それだけ読者にとって価値があると判断されるからです。
実際にSNSで話題となり爆発的にシェアされたページが、Googleからも評価され上位に表示されるケースも少なくありません。また、他のサイトから自分の記事が「参考元」として紹介され、記事リンクが記載されていると検索エンジンから評価される可能性が高いでしょう。

・読者にメリットがあるコンテンツ

読者にメリットがある内容を記載することも良質なコンテンツかどうか判断する基準となります。
具体的には、読者の悩みを解決する情報や、行動を起こしたくなる情報を提供することがおすすめです。しっかりとユーザーの検索意図に応えたコンテンツであれば、読者が価値を感じて自然と閲覧数がアップします。結果的にGoogleからも良質なコンテンツと判断されます。

・サイト全体が高品質のコンテンツ

サイト全体の質も、検索エンジンからの評価に影響します。高品質に作りこまれたページは、ユーザーの利便性を上げていると判断できるからです。長い間運営され続けている実績があるサイトや、情報が丁寧にまとめられたサイトは評価されます。古い情報を羅列するだけでなく、新鮮なコンテンツを継続的に提供していることも、大切な評価ポイントです。検索エンジンから「良質なコンテンツ」と判断されるためにも、丁寧なサイト設計を心掛けると良いでしょう。

 

良質なコンテンツを作成する際のポイント

ユーザーに価値を感じてもらえるような、コンテンツ作りを心掛けなければなりません。とはいえ、どのようにコンテンツを作成すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
具体的に作成の際に気をつけるべきポイントは、次の5つとなります。

・テーマが明確化されているか
・独自性のあるコンテンツとなっているか
・読者が理解しやすい内容化
・言葉使いにも気をつける
・結論は早い段階で提示する

それぞれのポイントについて、簡潔にご紹介します。

 

テーマが明確化されているか

良質なコンテンツを作成するには、テーマを明確にすることが大切です。1記事につき1テーマを意識しましょう。複数のテーマを1つの記事にまとめると、結局何が伝えたい記事なのかわからなくなるからです。伝えたい情報が伝わらず、集客にも繋がりません。多くの読者にコンテンツを届けるためにも「何を伝えたいか」を明確にしたページを作りましょう。

 

コンテンツのテーマを決めるときは「検索キーワード」を意識して考えることがおすすめです。上位表示させたいキーワードを1つピックアップしてユーザーの検索意図を考えれば、提供すべき情報が見えてくるはずです。ユーザーの欲求に応えたコンテンツを発信できれば、SEO効果も見込めます。
検索エンジンに評価されるためにも、あらかじめテーマを1つに絞って作成するように心掛けることが大切です。

 

独自のオリジナルのコンテンツとなっているか

良質なコンテンツを作るには、オリジナルの情報を提供することがポイントとなります。
他のサイトとの差別化を図る必要があるからです。検索すれば、同じようなコンテンツが多くヒットします。既存の記事の情報をまとめるだけでは、内容を書き換えているだけに過ぎません。独自の情報を発信しなければ、大量のコンテンツに埋もれてしまいます。

 

具体的に記載すべき内容は、本当にユーザーが求めていると考えられる情報です。「どうして検索したか」を考察し、必要な情報を提供しましょう。既存のコンテンツに比べて、ユーザーが求めている情報が豊富にまとめられていれば、検索エンジンからも評価されます。

 

もし、読者の求めている情報を考えるのが難しければ、既存の記事のデメリットを探すのも1つの手です。視覚的に見づらいと感じたら、表やグラフを挿入したり、情報が古いなら、最新の情報を徹底的に調べてまとめたりしましょう。
少しの工夫をくわえるだけでも既存の記事との差別化が図れ、より魅力的なコンテンツに仕上がります。他コンテンツの真似ではなく、オリジナルの切り口で良質な情報をまとめるようにしましょう。

 

読者が理解しやすい内容か

良質なコンテンツを作成するには、読者が理解しやすい内容にまとめることも大切です。読者は「早く」「確実に」手に入る情報を求めているからです。わかりづらいサイトであれば、すぐに離脱して他のサイトに流れてしまいます。自分のコンテンツを魅力的に感じてもらうためには、読みやすく簡潔に情報を伝えられる工夫をしなければなりません。

 

最も簡単な方法は「複雑な説明を避けること」です。専門的な用語を使わないように心掛け、わかりやすい表現を使うようにしましょう。難しい言い回しをすると、読者が負担を感じてサイトから離脱してしまいます。

 

また、図や表を活用するのも1つの方法です。図や表を使えば、見ただけで瞬時に情報を理解しやすくなります。作成には手間もかかりますが、読者の負担を減らすためには大切なことです。
より見やすいコンテンツに仕上げるには、記事や見出しの構成にも工夫しましょう。文章の構造をわかりやすくするだけでも、スムーズに情報が読者の頭に入っていきます。
このように、良質なコンテンツに仕上げるためには「最後まで読まれる」文章を目指し、読者の負担を減らす工夫をこらしましょう。

 

言葉使いにも気をつける

良質な記事に仕上げるには、言葉使いにも気をつけましょう。乱暴な言い回しをすると、読者が不快な想いをしてしまう可能性があります。結果的に内容が理解されず、届けたい情報が伝わらない場合もあります。

 

読者を煽るような言い回しもNGです。SNSで話題にはなるかもしれませんが、すべての読者のためになるコンテンツとはいえません。また、検索エンジンからの評価も下がってしまう恐れもあります。Googleではリアルタイムで言葉の暴言度をチェックするツールが開発されており、ユーザーを挑発するような言い回しをすると、検索順位にもマイナスな影響を与えかねません。

 

結論は早い段階で提示する

良質なコンテンツは、結論を早い段階で提示します。読者が求めている情報を簡潔に伝えるためです。先に結論がわかると、以降の説明がスムーズに理解できます。
たとえば「売上アップの方法とは」といったテーマの記事であれば「売上アップの方法」を最初に提示します。はじめに結論を伝えることで、以降に記載される「売上アップの方法」についての詳細に関心をもち、スムーズに情報が伝わるはずです。

 

一方で、読者の滞在時間をのばすために、結論を後回しにしたコンテンツは、離脱率が上がってしまいます。結論がわからず読み進めるのは、ストレスがかかるからです。
ページの滞在時間が長くなればなるほど、検索エンジンからも評価されやすいと言われています。読者が時間をかけて読むほど、価値のあるコンテンツであると判断されるからです。ですが、読者に途中で離脱されては本末転倒です。最後までストレスなく読み進めてもらうためには、結論は最初に書くように心がけましょう。

まとめ

今回は、良質なコンテンツの判断基準と作成時のポイントについてご紹介しました。コンテンツの質の良さは読者の見方によって変わるので、どの情報が「質が良い」とは一概には言えません。ただWEB上では検索エンジンに評価された情報が、良質なコンテンツと判断されます。
Googleが良質なコンテンツと判断する判断基準を理解して、良質なコンテンツを作成するための方法を実践すれば、コンテンツの質は驚くほど上がり検索エンジンにも評価されやすくなるはずです。ぜひコンテンツ作りの参考にしてみてください。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。

コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事