SEOにおいて重要なEATとは?Googleが求めるEATコンテンツを作るコツについてもご紹介

SEOにおいて重要なEATとは?Googleが求めるEATコンテンツを作るコツについてもご紹介

 

EATとは記事における重要指標としてGoogleが公開した造語です。EATを含んだコンテンツはgoogleより高品質な記事と認識されるため、SEOにおいては重要な要素となります。

この記事をお読みのあなたも「アクセス数」の伸び悩みに頭を抱えておられませんか?その解決の糸口はEATにあるかもしれません。

まずはEATとは何かについて解説いたしますので、概念や背景を理解しましょう!EATコンテンツを作るコツについては後述いたします。

 

 SEOにおいて重要なEATとは?

EATとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のそれぞれ頭文字をとった造語です。EATは、Googleが検索品質評価ガイドラインというWEBサイトを評価する時の基準について定義されています。

今ではご周知の通り、googleの考え方の基本は「ユーザー視点に立っているか」です。つまりgoogleの考えるサイトを見ている人たちがより満足するような情報の特徴をまとめた結果がEATということです。

Googleアルゴリズムはユーザーの満足度が高ければ高いほど、上位化につながるといった仕組みとなるよう日々アップデートを繰り返しているので、SEO対策を行う上でEATが重要な指標であるということはご理解いただけたかと思います。

それではここからはSATの詳細と具体例について紹介いたします。

 

専門性(Expertise)

ネット上に数多くある情報を集めただけのコンテンツでは、なかなか評価されずアクセスを伸ばすのも難しいといえます。「これは自分にしか書けない」というような専門的な知識や経験などのバックグラウンドがある文章の方が、多くの人が読むきっかけとなるのです。

そのため、他にサイトとの差別化を図ることが大切になります。

ホームページやブログなどで、プロフィールの部分を詳しく書くことも、Googleから見た筆者の専門性を高める手法の1つであるといえます。また専門性を高めるために、複数のテーマをまとめてあるコンテンツよりも、何かに特化したコンテンツを作成することでGoogleに評価されやすくなります。

 

権威性(Authoritativeness)

権威性とは、どのようなバックグラウンドを元に、情報が発信されているか、その情報が信頼に値するものかを判断する指標を表します。

「本当にこの人が言っていることは正しいのだろうか?」と不信に思われるようなコンテンツはGoogleにも評価されない傾向にあります。

例えば、体調が悪い時に友人から勧められた内容よりも、プロである医者の診断を信頼すると思います。SEOにおいても同じであり、より権威性が高い方が評価されます。

 

信頼性(Trustworthiness)

記事内容の信頼性を得るためには、執筆している内容をより具体化するために数値や実績などを表記することが大切となります。

さらに、その数値の元となる情報の信憑性も重要です。これらの数値の元となっているのが、個人のブログなどでは全く信頼性はありません。できるだけ政府関連のサイトや、公共機関や企業などの各専門家が公式に情報発信をしているサイトから数値を引用するようにしましょう。

個人ブログは、運営者の情報が不明確であることが多く、個人でなんでもブログに書けてしまうので、その情報が正しいかどうかはわかりません。

それに対して、政府や公共機関などが出している数値の場合は、信頼度が高くなりGoogleの評価を得る可能性が高くなります。折角読みやすい文章でユーザーの立場に立っているコンテンツであっても、信頼性が低いために検索順位が下がり、アクセスが伸びないこともあります。

また、どれだけ信頼性が高いWEBサイトであっても、更新頻度が低いと信頼性は落ちていきます。継続して信頼性の高い内容をユーザーに届けていくことが大切といえるでしょう。

 

 Googleが求めるEATコンテンツを作るコツ

Googleが求めるEATコンテンツを作るためには、EATの要素となっている「専門性」「権威性」「信頼性」が高いコンテンツを作る必要があります。ここからは実戦へ向け、EATの品質の高いコンテンツを作るためのコツをご紹介します。

 

コツ1:体験談をコンテンツに含める <専門性UP>

専門的な記事を継続的に書いていくには、これまでの体験で得た経験や知識を基に記事を作っていく必要があります。調べたらネット上にいくらでもあるような情報ではなく、自分自身の体験談を入れて記事を書いていくことで、自分にしか書けないオリジナルの文章となっていくのです。

多くのユーザーは、どこでも調べられるような内容ではなく、「実際にやってみたらどうなのか」「成功するまでにはどんな苦労があったのか」などより詳しい情報を求めており、Googleもそのような専門的な内容を含むWEBサイトを高く評価するのです。

また、単一のページに幅広い内容を書いていくのではなく、深く専門的な内容を書いていくようにしましょう。記載内容がページによってばらばらだと評価されにくいWEBサイトの対象となってしまいます。

 

コツ2:身元をはっきりさせてアピールし続ける<権威性UP>

社会的な知名度のある自身(または自社)のプロフィール、経歴、実績等を含んだコンテンツを含むことで権威性をある程度確保できます。
しかし、権威性において最も重要なことは他者から自分を評価されることです。WEB上においてはリンクを張ってもらうことが評価と言い換えられます。他者からリンクを張ってもらえるように自身が何者であるのかをしっかりと表明し、紹介に足るような記事やコンテンツを拡充することに勤めましょう。

以下の基準をもとにコンテンツを作ると権威性を高めることにつながります。

・頻繁に記事の更新をする
・記事のテーマは専門性が高くできるものに絞る
・継続して一定量記事を追加していく
・被リンクを受けられるような有益な記事を書く
・長い間運用を続ける

 

コツ3:会社の情報を明確にする<信頼性UP>

WEBサイトの信頼性を高めるためには、WEBサイトを運営している会社名、住所、電話番号、またどんな会社なのかをイメージできるような情報が必要となります。

例えば、ユーザーが商品の購入を検討していたり、サービスを利用しようと思っていたりする時は、どんな会社が提供をしているのかを調べる傾向にあります。その際に情報が少なく、会社のイメージがつかないと、なかなか購入までつながらないことになります。

また、ユーザーにとって必要とされる有益な情報をできるだけ記載することも大切です。例えば、美容関連の商品であれば、「実際に使ってみた人の体験談」を載せると良いでしょう。ユーザーが信頼性のあるサイトだと判断して、Googleでサイト名を検索してもらうことが多くなると、Googleによる評価の向上にもつながります。

 

Googleに評価されているEATに優れたメディアの事例

ここでは実際にどのようなメディアが評価されるのかイメージしやすいように、Googleに評価されているEATに優れたメディアの事例をご紹介します。

 

事例①:某ヘルスケアサイト

某ヘルスケアサイトでは、googleの検索結果が100位以内にも入っていなかったメインキーワードが、半年後には2位に入るようになりました。これはユーザーがどんな情報を求めているのかをもう一度Googleサジェストなどを活用して調査を行い、その内容をもとにコンテンツを増やしていったことが要因として考えられます。
このような調査を行い、検索ニーズが高い内容を追加したことがGoogleに評価される要因になったといえるでしょう。

 

事例②:某ライフスタイル系メディア

あるユーザー投稿系ライフスタイル型のメディアでは、内部リンク構造やタイトル、タグページなどを修正することにより、流入数が1年半で10倍以上になりました。また、記事の作成に力を入れるために、キーワード設定を見直し、ユーザーのニーズを満たすための内容に変更することにより、さらにSEO流入数を伸ばすことに成功したのです。

このようにユーザーのニーズに答えたコンテンツはユーザーからの信頼を獲得することにもつながるため、結果的にEATに優れたメデイアになるといえるでしょう。

 

まとめ

Googleによって「良いWEBサイトとはユーザーが満足するサイト」と位置づけされていることからもわかるように、ユーザーファーストのコンテンツを用意する必要があるのです。評価の基準となる、「専門性」「権威性」「信頼性」の高いWEBサイトこそ、今後もGoogleから高い評価を得ることができ、上位表示につながっていくことでしょう。

SEO対策に必要なことは、「どうやったらGoogleからの評価が上がるのか」を考えることではなく、「どうやったらユーザーにとって有益な情報を提供できるのだろうか」と考えることが大切だといえます。先述したコツや事例を参考に、EATを意識したコンテンツ作りをしましょう。

関連記事

本当に効果のあるSEO対策をしませんか?

            CTA-IMAGE ファイナルSEOは運営10年以上の実績を誇り、日本全国の企業へ常に最先端のSEOソリューションを提供し続けてきました。 『SEOはサイト運営の基本だからこそ、一時しのぎではなく長く効果をもたらすものを』 その想いからファイナルSEOでは長期的に効果が持続する本質的なSEO対策に取り組んでおり、事実4,200以上の企業から選ばれています。            

コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事